Twitter、サブスク機能 「スーパーフォロー」 提供開始。まずは北米ユーザーが利用可能

9月2日、Twitterはサブスク機能 「スーパーフォロー」 の提供を北米で開始した。

サブスク機能 「スーパーフォロー」 提供開始

今回提供が開始された 「スーパーフォロー」 機能は、今年2月に発表されていたTwitterの有料機能。

利用者は通常のフォローとは異なる有料の特別なフォロー 「スーパーフォロー」 をすることにより、お気に入りのクリエイターを支援することが可能。クリエイターは、スーパーフォローしてくれたユーザーだけが閲覧できる特別なコンテンツを配信したり、特別な会話を楽しめるというものだ。

スーパーフォローは月額制で、クリエイター側で月額2.99ドル・4.99ドル・9.99ドルのいずれかの金額を選択可能。

利用者側は、スーパーフォローを提供しているクリエイターのアカウントページに表示される 「スーパーフォロー」 ボタンをタップすることで、このクリエイターがどのような有料サービスを提供しているのか、月額料金がいくらなのかを確認でき、もう一度タップすることでアプリ内課金でスーパーフォローを完了できる。

特定のユーザーをスーパーフォローすると、タイムライン上にサブスクライバー限定のコンテンツが表示されるように。スーパーフォローはApp Storeのサブスクリプション設定からいつでも解除可能だ。

スーパーフォローは、現時点では米国とカナダのiOSユーザーのみが利用可能で、今後数週間以内に、全iOSユーザーが利用できるようになる。スーパーフォローしたユーザーの特別なコンテンツは現時点ではiOSアプリでのみ閲覧可能で、まもなくAndroidとTwitter.comでも閲覧できるようになる予定だ。

また、クリエイターがスーパーフォローのサブスクリプションを設定するには、1万人以上のフォロワーがいること、米国在住の18歳以上のユーザーであること、過去30日以内に25回ツイートしていることなどが条件。申請方法や詳しい条件はこちらのページから確認可能だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。