Twitter、TweetDeckをリニューアルへ。新UIを公開、一部のユーザーにテスト提供

今年3月にTwitterは、TweetDeckのリニューアル計画を明らかにしていたが、現地時間20日、同サービスのリニューアルに向けてTweetDeckの新UIを公開した。

TweetDeckの新UIが公開

新たなUIはこれまでのタイムラインのほか、Exploreなどスマートフォン向けTwitterアプリで提供されている機能などの閲覧が可能な模様。具体的な変更点はまだ明らかにされていないものの、Twitterによるといくつかの機能強化が予定されているとのことだ。

この新UIの提供時期についてはまだ未定なものの、本日から米国、カナダ、オーストラリアの一部のユーザーに向けて試験的に提供するという。

TweetDeckの新UIについては今年の3月に、TwitterのKayvon Beykpour氏がThe Vergeのインタビューにおけるやりとりの中で明らかにしたものになる。Twitterが買収してから10年以上経つが、”愛情を十分に注いでこなかった” とし、機能やUIに新要素を導入するなどの努力を行ってこなかったことを認めていた。

現在、Twitterは収益源の多様化を計画しており、広告依存の体質からの脱却を目論んでいる。その中で、TweetDeckそのものの有料化や有料機能の導入が噂として報じられていたものの、TwitterはTweetDeckが今後どのように変化していくのかを明らかにしていなかった。

今後は一部ユーザーを対象としたテストの過程で、さらなる情報が公開されるものとみられる。TweetDeckを利用するユーザーはぜひ今後の情報にご注目いただきたい。

関連記事
Twitter、「TweetDeck」 有料化を検討か。チップ制度の導入なども

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Twitterの商標およびそのロゴ、Twitterのロゴは、Twitter, Inc.の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。