iOS版Twitterアプリ、「Appleでサインイン」 を正式サポート

現地時間8月2日、TwitterはApple IDを使ってサインインする 「Appleでサインイン」 機能を正式にサポートしたと発表した。

iOS版Twitterアプリで 「Appleでサインイン」 が正式サポート

Twitterは、ログインもしくはサインアップしてTwitterを利用する際に、「Appleでサインイン」 のオプションを選択できるようになったと案内。Apple IDを使ってTwitterにログインしたり、サインアップすることが可能だ。

現時点で 「Appleでサインイン」 はiOS版Twitterアプリでのみ利用可能。近日中にWebでの利用もできるようになる予定だ。

ただし、筆者が検証してみたところ、現時点ではすでにTwitterアカウントを作成済みの既存ユーザーは 「Appleでサインイン」 を使ってのログインはできず、新たに 「Appleでサインイン」 を利用してTwitterアカウントを作成したユーザーのみ利用できるようだ。

Appleは既存アカウントを 「Appleでサインイン」 にアップグレードできる機能を提供していることから、Twitterの対応次第では今後既存ユーザーも 「Appleでサインイン」 を使ってログインできるようになる可能性がある。すでにアカウント作成済みの方は今後の対応に期待しておこう。

ちなみに、Twitterは 「Appleでサインイン」 のほかにGoogleアカウントを使ってのサインインもサポートしている。Googleアカウントを利用してのサインイン・サインアップはアプリとWebの両方で利用可能だ。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。