Twitter、140文字制限を緩和を発表!自身のツイートをリツイートすることもできるように

twitter

Twitterユーザーに朗報!ツイートの140文字制限の緩和が正式に発表された!

先日、一部のメディアから、Twitterの文字数制限が緩和され、リンクや画像などのメディアの分は文字数カウントに含まれなくなる仕様に変更になるとの報道があったが、本日Twitterが正式にその仕様変更の発表を行ったので詳細をお伝えする!

テキストを140文字ギリギリまで入力することが可能に

Twitterの発表によると、今回の仕様変更は以下のとおり。

返信
誰かのツイートへの返信の際、ツイート冒頭に表示されていた@ユーザー名が文字数としてカウントされなくなります。よって、140文字すべてを自由に使ってメッセージを伝えられるようになります。

添付
写真、GIF画像、動画、投票、引用ツイート分なども140文字の中に含まれなくなるので、そのぶんテキストを入れられるようになります。

自分のツイートのリツイートや引用
自分のツイートにもリツイートボタンを表示します。これで、自分のツイートのリツイートや引用も簡単に行えるようになります。

「. @ユーザー名」ツイート
誰かに宛てたツイートを他の人にも見て欲しい時、@ユーザー名の前に「.」を入れていらしたと思います。今後は「.」を入れる必要なく、@ユーザー名で始まるツイートは普通のツイートと同じように自分のフォロワーの方々に表示されるようになります。

Twitterのこれまでの仕様では、テキストのみのツイートをする場合は140文字を最大限使うことができたが、画像やリンク、ユーザー名などを含めたツイートをする場合は、その文字数分もカウントに含まれてしまうため、結果的に入力できるテキストが短くなってしまっていた。

しかし、今回の仕様変更でその制限が緩和され、ツイートの本文のみが140文字制限の対象となり、画像やリンクを入れても、その分の文字数を減らす必要はなくなる。

Twitter

また、その他にも自分のツイートをリツイート・引用リツイートできるようになっている他、ツイートのテキスト内に「@ユーザー」を入れることで特定のユーザーに向けたツイートを他のユーザーに見てもらうことができるようになる。

この変更に伴い、今後はこれらと同じことができる「.@(@ユーザー名の前に「.」を入れる)」のテクニックを使う必要がなくなったことから「.@」は廃止に。

「@ユーザー」から始まるツイートは、タイムライン上に表示されるとのことなので、その点は気をつけていただきたい。リプライに関しては今まで通りタイムライン上に表示されない仕様になっているとのことだ。

今回の仕様変更は、今後数カ月をかけて順次行われているとのこと。今後来る仕様変更に備えて、Twitterユーザーは今回の仕様変更をしっかり熟知しておく必要がありそうだ。

twitter
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう