iOS版「Twitter」公式アプリがアップデート 「3D Touch」に対応しクイックアクションが可能に

twitter

本日、TwitteriOS版公式クライアントアプリの最新版「Twitter for iOS 6.54」をリリースした。今回のアップデートでは、ようやく「iPhone 6s / 6s Plus」で導入された感圧タッチ機能「3D Touch」に対応しているので具体的なアップデート内容をお伝えする!

ホーム画面でのショートカット機能が追加 クイックアクセスも可能に

「3D Touch」は「iPhone 6s / 6s Plus」をお持ちの方であればご存知だとは思うが、強めに画面を押し込むことで普通のタップとは違うアクションができるというもの。

今回、Twitterの公式アプリは同機能に対応し、「クイックアクション」と呼ばれるホーム画面にあるアプリにショートカットを出現させたり、リンクを画面押し込みで読み込むことができるようになっている。

twitter_1

試しに僕もアップデートして試してみたのだが、下画像のようにショートカットを出現させてホーム画面からツイートを作成したり、ツイート検索をすることができるようになっているのが確認できた。

twitter

また、タイムラインなどで気になるツイートがあったら、そのツイートを押し込むことでツイート自体を拡大して読むことができるほか、そのツイートカードを上にスライドすることで、「共有する」「ダイレクトメッセージで共有」などのメニューを瞬時にできるようになっているようだ。

あくまで「iPhone 6s / 6s Plus」だけの機能なので使える人は限られるかもしれないが、ようやく「3D Touch」に対応していることから同機能が使える人はアップデートしてみよう!

twitter_1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう