2つの新型iPad、まもなく発表か 発売は3月になる可能性

 

Appleが、近いうちに新型iPadを発表する可能性が高くなった。

ユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission:EEC)が公開した資料によると、Appleは「A1954」と「A1893」のモデル識別番号を持つ端末の承認を、同委員から取得したことが判明

モデル識別番号の形式から、おそらく新型iPadである可能性が高く、しかも2モデル用意されているものとみられる。ただし、依然として情報が少ないことから、新型モデルがどのような端末になるのかは明らかになっていない。

2モデルの新型iPadが3月に登場か

同委員会は、過去にも同様に未発表の端末の情報を公開したことがあるため、今回の情報の信憑性が高い。いつ頃発表されるのかは分からないが、ここ最近、Appleは3月に新製品を投入していることから、今年も3月に何かしらの新型モデルを発表する可能性がある。

以前からAppleは、ホームボタンを廃止したベゼルレス「iPad」を用意しているとの噂があるが、今回ECCの資料から発掘されたものと一致するかどうかは不明。つまり、3月にベゼルレス型iPadが発表される可能性はそこまで高くない。その根拠は、Bloombergの予想で、ベゼルレス「iPad」の登場は2018年後半と言われているからだ。

よって、3月に発表される新型モデルは、DigiTimesが報じていた現行機種よりも安くなった9.7インチ「iPad」が含まれている可能性が高い。

ちなみに、新型iPadの他にも新型「iPhone SE」の噂がある。ただし、次期「iPhone SE」が大型アップデートになるのか、それとも小型アップデートになるのか、こちらも現段階ではほとんど明らかになっていない。

ECCで承認された新製品の多くは、承認から2~3週間ほどでお披露目になることが多い。今日から2週間後は3月7日。もしかすると、3月上旬頃に新型モデルが発表される可能性があるのかもしれない。

これらの新型モデルの登場を期待している方は、来月はAppleの情報をこまめにチェックする必要がありそうだ。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。