Ubisoft、PC向けサブスク 「Ubisoft+」 国内で提供開始。月額1,500円で100作以上がプレイ可能

4月13日、ユービーアイソフトはWindows PC向けサブスクリプション 「Ubisoft+」 の国内での提供開始を発表した。

「Ubisoft+」 は、月額1,500円で『レインボーシックス エクストラクション』などの最新作や、『アサシンクリード』『ファークライ』『ウォッチドッグス』など100以上の作品をダウンロードしてプレイできるサービス。

同サービスはすでに北米とヨーロッパでは2019年から提供が開始されていたが、今回新たに日本でのサービスの提供が正式に案内された形だ。

サービス加入者は、カスタムアイテムやブースター、ゲーム内で使用できる特典といったリワードを毎月獲得できる。リワードランクにはブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナがあり、段階的にランクアップしていき、上のランクに行くほどより多くのリワードを獲得できるという。

現時点では、以下の作品を含め100作品以上がダウンロードできる。

  • 『レインボーシックス エクストラクション』
  • 『ライダーズリパブリック』
  • 『ファークライ6』
  • 『アサシン クリード ヴァルハラ』
  • 『ウォッチドッグス レギオン』
  • 『レインボーシックス シージ』
  • 『ディビジョン』シリーズ
  • 『ゴーストリコン』シリーズ
  • 『フォーオナー』
  • 『アノ1800』
  • 『The Settlers』

「Ubisoft+」 は月額1,500円(税込)で利用可能。5月11日までは7日間の無料トライアルが提供されているため、ぜひこの機会にお試しで利用してみてはどうだろうか。

関連リンク:Ubisoft+のフリーウィークで100以上のゲームにアクセス

(画像:ユービーアイソフト)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。