Epic Games、次世代ゲームエンジン 「Unreal Engine 5」 発表。デモも公開 プレビューは2021年初頭

現地時間5月13日、Epic Gamesは次世代ゲームエンジン 「Unreal Engine 5」 を正式発表した。発表と同時に、同エンジンのデモ映像が公開された。

次世代ゲームエンジン 「Unreal Engine 5」 が正式発表

公開されたデモは、2020年ホリデーシーズンに投入予定の次世代ハード 「PlayStation 5」 でライブ実行されたリアルタイムデモ。Unreal Engine 5のコア技術がふんだんに使われた広大で迫力のある映像になっている。

Unreal EngineとはEpic Gamesが開発したゲームエンジン。現行最新版はUnreal Engine 4で多くのゲームなどに使用されていて、今回発表されたUnreal Engine 5はその次世代版ということになる。

Epic Gamesによれば、Unreal Engine 5では以下のふたつのコア技術が利用可能になるという。

“仮想化マイクロポリゴンジオメトリの Nanite によってアーティストは自由に目に見える限りのジオメトリディテールを作成することができます。Nanite 仮想化ジオメトリによって数億、あるいは数十億ポリゴンの映画品質のソースアートであっても Unreal Engine に直接インポートできるようになります。ZBrush のスカルプトからフォトグラメトリスキャンから CAD データまですべて、インポートすれば機能するようになります。Nanite ジオメトリはリアルタイムでストリーミングされスケーリングされます。もうポリゴン数のバジェットも、ポリゴンメモリのバジェットも、ドローカウントのバジェットも気にする必要はありません。ディテールをノーマルマップにベイクする必要も、手動で LOD を作成する必要もありません。そして品質の損失もありません。”

Lumenは完全に動的なグローバルイルミネーションソリューションで、シーンやライトの変更に対して即座に反応します。レイトレーシング向けの特別なハードウェアは必要としません。このシステムはキロメートルからミリメートルまでの規模の巨大で詳細な環境において、無限のバウンスと間接スペキュラ反射を利用し、ディフューズ相互反射をレンダリングします。Lumen を使用することで、アーティストやデザイナーはさらに動的なシーンを制作できるようになります。例えば、時間経過による太陽角度の変化、懐中電灯の点灯、天井に穴を開ける爆破などに対して、間接ライティングが適応的に変化します。Lumen によってライトマップのベイクが終わるまで待つ必要も、ライトマップ UV の作成の必要もなくなります。時間が大幅に削減されます。アーティストが Unreal Editor の中でライトを動かすだけで、ライティングの見た目はゲームをコンソールで実行した場合と同じになります。

Epic Gamesは、Unreal Engineの今後のスケジュールについて発表した。まずはUnreal Engine 4.25についてはすでにPlayStation 5とXbox Series Xの両プラットフォームをサポートしているという。Unreal Engine 4を使った次世代のゲーム開発のため、コンソール提供会社とゲームデベロッパー及びパブリッシャーと密接に連携を行っているという。

そしてUnreal Engine 5は2021年初頭にプレビューを予定しているとのこと。フルリリースは2021年後半を予定しており、対応プラットフォームはPlayStation 5・Xbox Series Xなどの次世代プラットフォームおよびPS4・Xbox Oneなどの現行コンソール、PC、Mac、iOSとAndroid。

前方互換性を持っているため、Unreal Engine 4で開発したものはUnreal Engine 5でも継続して使用することが可能であるとのこと。

さらにEpic Gamesの『Fortnite』については次世代コンソールでのローンチを予定しているとのこと。リリース時期は2021年半ばを予定していて、業界最先端の機能を実証するという。

関連記事
SIE、新ゲームブランド 「PlayStation Studios」 発表。独占作品のクオリティ保証 PS5とともに登場へ
SIE、PS5コントローラー 「DualSense (デュアルセンス)」 披露。マイクが内蔵、ライトバーの位置が変更に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。