「Apple Store」アプリがバージョン5.0にアップデート 「セッション」タブが追加され店舗実施のセッションが見つけやすく

Appleは23日、「Apple Store」アプリの最新版をApp Storeで公開した。バージョンは「5.0」になり、いくつかの新機能を追加している。

今回のアップデートは、「セッション」が追加されており、Apple Storeで開催されるセッションを確認しやすくなっている。

また、アプリケーション全体のデザインが更新され機能が向上。Apple整備済製品の割引額が見やすくなるなどの改善が実施されているとのこと。

以下が変更点一覧だ。アップデートはApp Storeからどうぞ。

  • 一段とパーソナルで最適な店内体験を楽しめるようになりました。製品やセッションのおすすめを確認したり、在庫のある「お気に入り」のアイテムを表示したり、iPhoneからアクセサリをスキャンして直接購入することができます。
  • 「セッション」タブで、毎日開催されている写真や音楽などのセッションを検索し、あなたの創造力を広げてみませんか。すでにお持ちの製品をもとに、セッションを選択することもできます。
  • ご注文を、さらに多くの方法で管理できます。請求書の表示、配送先情報や刻印メッセージの編集、ご注文に含まれる個別のアイテムのキャンセルができるようになりました。
  • 整備済製品をご購入いただく場合に適用される割引額がわかりやすくなりました。
  • アプリケーション全体にわたってデザインが更新され、機能が向上しています。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。