UQ mobile、「60歳以上通話割」 3月1日から提供開始

2月25日、KDDIと沖縄セルラーは、UQ mobileにおいて 「60歳以上通話割」 を3月1日から提供開始することを発表した。

UQ mobileが 「60歳以上通話割」 を3月1日から提供開始

「60歳以上通話割」 は、60歳以上のユーザーを対象とした通話割引プログラム。「くりこしプラン」 および国内通話がかけ放題になる 「かけ放題 (24時間いつでも) 」を申し込みすることで、通常月額1,870円の通話オプション料金が永年1,100円割引となる (価格はいずれも税込) 。

現在UQ mobileで提供中の 「シニア割 (60歳以上)」 では適用機種が限られているが、今回発表された 「60歳以上通話割」 はどんな機種を利用していても割引対象になるのが特徴だ。

「60歳以上通話割」 を適用した場合の月額料金は以下のとおり (価格はいずれも税別) 。

  くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
対象ユーザー 60歳以上
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
かけ放題 (24時間いつでも) 1,870円
60歳以上通話割 -1,100円 (機種指定なし)
合計(税込) 2,398円 3,498円 4,598円

「60歳以上通話割」 の提供開始に伴い、「シニア割 (60歳以上)」 の新規受付は2月28日をもって終了となる。ただし、現在 「シニア割 (60歳以上)」 を適用している場合は、新規受付終了後も割引が継続されるとのことだ。

関連記事
UQ mobile、新料金プラン 「スマホプランV」 2021年2月以降に提供へ データ容量20GBで月額3,980円
au、月20GB/2,480円の新料金プラン「povo」 2021年3月から始動

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。