「USB4 Version 2.0」 が発表。最大80Gbpsのデータ転送に対応、詳細は11月に発表へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(画像:Apple)

現地時間9月1日、USB推進団体であるUSB Promoter Groupは、次世代USBアーキテクチャとなる 「USB4 Version 2.0」 の仕様を発表した。

「USB4 Version 2.0」 は、メジャーアップデートに相当する仕様になるとし、従来のUSB4の2倍に相当する最大80Gbpsのデータ転送を可能にするとのこと。また、データ転送の高速化に伴い、「Type-C」 のコネクタ仕様や、電力供給の仕様についてもアップデートが行われる。

「USB4 Version 2.0」 には物理レイヤーアーキテクチャが採用された関係で、新たに定義された80GbpsのUSB Type-Cアクティブケーブルおよび従来の40GbpsのUSB Type-Cパッシブケーブルにおいて最大80Gbpsのデータ転送が可能になる。

また、表示プロトコルも刷新され、20GbpsのUSB 3.2データトンネリングが可能となり、DisplayPortやPCI Expressの最新仕様に準拠するようバンド幅も拡張される。

なお、既存のUSB4、USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との下位互換性は維持する。

▼ 「USB4 Version 2.0」 の特徴

  • 80GbpsのUSB Type-Cアクティブケーブルおよび従来の40GbpsのUSB Type-Cパッシブケーブルにおいて最大80Gbpsのデータ転送が可能
  • プロトコルも刷新され、20GbpsのUSB 3.2データトンネリングが可能となり、DisplayPortやPCI Expressの最新仕様に準拠するようバンド幅も拡張
  • 既存のUSB4、USB 3.2、USB 2.0、Thunderbolt 3との下位互換性は維持

「USB4 Version 2.0」 に関する詳細は、2022年11月に開催される開発者向けイベント 「USB DevDays」 を前に発表するとのこと。

従来のUSB4に関する呼称変更が行われない限り、「USB4 Version 2.0」 と言及されない限り「USB4」 は従来のUSB4を指すことになり、USBの呼称がさらに複雑化することになってしまうが、読者の方にはぜひこのあたりご注意いただきたい。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。