VAIO、モバイルPC 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 新モデルを発表。筐体デザインを一新

10月13日、VAIO株式会社は、個人向けモバイルPC 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 (法人向けは 「VAIO Pro PJ」 「VAIO Pro PK」 ) を発表した。

価格は133,100円(税込)〜、発売日は10月22日。本日より予約受付が開始されている。

新型モバイルPC 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 10月22日発売

VAIOはユーザー層別にフラグシップ、メインストリーム、エントリーの3種類のラインナップを展開しているが、今回発表された 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 は、このうちのメインストリームに属する製品となっている。

シリーズ4世代目となる今回の新型モデルは、従来のサイズ・重量・堅牢性を維持しつつデザインを刷新するなど、先代モデルから飛躍的に機能・性能ともに向上しているのが特長となる。

左:VAIO SX14 / 右:VAIO SX12

「VAIO SX12」 は非光沢の12.5型フルHD液晶、「VAIO SX14」 は14.0型フルHD液晶を搭載したモバイルPC。「VAIO SX14」 に関しては、タッチ操作に対応したフルHD液晶、HDR/DCI-P3色域に対応した4K液晶(3840×2160ピクセル)をCTOモデルで選ぶことができる。

CPUにIntelの第11世代Coreプロセッサを搭載する。先代モデルからCPU性能151%、GPU性能145%向上している。メインメモリはLPDDR4X、CTOモデルでは8・16・32GBから選ぶことが可能だ。ストレージはPCI Express 3.0あるいはPCI Express 4.0規格に対応しており、CTOモデルでは128GB〜2TBまで選ぶことが可能だ。

 

今回の新型モデルは、筐体デザインの刷新が行われている。新たに、天面上部と側面が一体化した立体成型カーボン天板を採用し、軽量化と剛性を高めることに成功。127cmの高さから鉄板に落下させる試験もクリアするなど、高い剛性がアピールポイントとして挙げられていて、持ち運ぶときのグリップ感や重心といった部分にも配慮し、落とすこと自体を減らす工夫もなされている。

また、個々の部品の軽量化を進めたことによって、本体重量を先代モデルから据え置きつつバッテリー容量を増やすこともできた。本体重量は 「VAIO SX12」 が約887g、「VAIO SX14」 が約999gとなっている。

バッテリー連続駆動時間は最大30時間、新開発の高容量バッテリーと、低消費電力ディスプレイパネルを搭載したことで実現した。理論上では1日以上もつバッテリーのおかげで、個人利用はもちろんのこと、外回りなど法人用途としても十分に使える性能を備える。

また、付属するACアダプタはUSB Power Deliveryに対応。GaN (窒化ガリウム) を採用したことで、先代モデルのものから81gの軽量化が図られた。本体と一緒に持ち運ぶことが多いことから、電源アダプタの軽量化は本体の軽量化と同等の影響があるとアピールされていた。

インターフェイスは、USB 3.0 (Type-A) を左右にひとつずつ配置するほか、2系統のUSB-C、HDMI 、有線LAN端子、イヤホン/マイクコンボジャックも備える。2基のUSB-C端子は最大40Gbpsの高速転送が可能なUSB4およびThunderbolt 4に対応したものになっている。

生体認証は指紋と顔の2種類。指紋センサーは電源キーに内蔵されており、指を当てることでロック解除可能。「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 には人感センサーが搭載されており、PCの前に座るだけで自動復帰・ログオンしてくれる。また、離席するとPCを自動でロックすることも可能。

キーピッチはフルピッチ(約19mm)、キーストロークもより深い約1.5mmとなり、キートップには指先にフィットするディッシュ(皿)形状を採用。心地よい打鍵感を追求した。また、かな文字あり・なし 2 種類の日本語配列、英語配列から選択可能で、プレミアムエディションではさらに黒色キートップに黒文字で刻印を施した 「隠し刻印」 を選ぶことができる。

内蔵マイクには、テレワークなどで役立つ環境音を除去するAIノイズキャンセリング機能を搭載する。自宅周辺を走る救急車のサイレンや、犬や猫の鳴き声、工事の音などさまざまな雑音を自動でカットしてくれる。また、プライベートモードによって、画角45°の範囲だけ音声を拾うことも可能。

VAIO SX12のカラーラインナップ

VAIO SX14のカラーラインナップ

「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 のカラーラインナップは、前者がアーバンブロンズ、ブライトシルバー、ファインホワイト、ローズゴールド、ファインブラックの5色、後者がアーバンブロンズ、ブライトシルバー、ファインホワイト、ファインブラックの4色となっている。

価格は 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 ともに133,100円〜、VAIOストアおよびソニーストア、全国の家電量販店などで販売される。受注開始日は本日13時から開始されている。

ALL BLACK EDITION

また、ALL BLACK EDITIONのほか、勝色特別仕様モデルが用意されている。ALL BLACK EDITIONは 「VAIO SX12」 「VAIO SX14」 のCore i7-1195G7搭載モデルをベースとし、筐体をブラックに統一したモデル。

勝色特別仕様モデル

勝色特別仕様モデルは、勝利への験を担いだ日本の伝統色である “勝色” を採用したモデル。VAIO株式会社のコーポレートカラーでもある。

価格はALL BLACK EDITIONが242,000円~、勝色特別仕様モデルが247,500円~。こちらも本日から受注開始となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。