新型VRヘッドセット「Valve Index」が正式発表 価格は499ドルから

現地時間4月30日、Steamを運営するValveは新型VRヘッドセット 「Valve Index」 を発売することを正式発表した。価格は499ドルからで5月2日午前2時(日本時間)から予約受付が開始される予定、発売は6月下旬を予定しているようだ。

Valveが新型VRヘッドセット 「Valve Index」 を発売へ

「Valve Index」 は2019年3月に海外メディアによって発見され、Valveが公に存在を認めていた新製品。今回発表された情報によると、「Valve Index」 の画面は解像度2880×1600(片目あたり1440×1600)のフルRGB液晶が採用されているという。視野角はHTC Viveから20度改善、HTC Viveの視野角が110度だったことから、130度程度の視野角になっていることが想定できる。

リフレッシュレートは最大144Hz。そのほか、90Hzや120Hzと高いリフレッシュレートに対応するほか、IPD(瞳孔間距離)の物理的な調節機能も備えているという。

USB Type-A(USB 3.0)やDisplayPortをサポート。さらにヘッドホンは一体型となっている。トラッキングは 「SteamVR Tracking 1.0/2.0」 の両方に互換性があるとのことだ。

Valve Index スペック詳細
ディスプレイ フルRGB液晶
解像度 片目:1440 × 1600
両目:2880 × 3200
フレームレート 80/90/120/144Hz
視野角 130度
IPD(瞳孔間距離)調整 58〜70mm (物理的に調整可能)
外部接続 USB 3.0
Display Port 1.2
12V電源
トラッキング方式 SteamVR 2.0
SteamVR 1.0
オーディオ ヘッドセットに内蔵
マイク デュアルマイクロフォン
カメラ 960 × 960ピクセル
ステレオ

同製品は5つの製品バンドルが用意されている。最も安いのは、「Valve Index」 のみのモデル。価格は449ドルで、筆者の環境では2019年6月29日までに出荷と記載されている。

また、VRヘッドセット本体とValve Indexのコントローラーが2つ、トラッキング用のベースステーションが2つが付属したモデルが一番高価なバンドル(999ドル)として用意されているようだ。

ただし、同製品は日本では販売されない可能性が高い。現時点で 「Valve Index」 の特設ページでは 「Not Available In Your Country (あなたの国では利用できません)」 と書かれていることから、販売地域は米国などの一部地域に限られる可能性がある。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。