Visa LINE Payプリペイドカード、VisaブランドがApple Pay対応

11月9日、LINE Payは 「Visa LINE Payプリペイドカード」 のVisaブランドがApple Payに対応したと発表した。

Apple Payに対応することで、iPhoneなどのApple製品において、「Visa LINE Payプリペイドカード」 を使ったVisaのタッチ決済およびオンライン決済が利用できるように。

Visa LINE Payプリペイドカード、VisaブランドでもApple Payに対応

「Visa LINE Payプリペイドカード」 は、LINEのサービス内から簡単に発行ができるバーチャルプリペイドカード。入会金・年会費が無料で、事前にチャージした金額分だけ使えるしくみになっている。

本プリペイドカードは2020年12月に、Visaのオンライン支払いや、非接触決済サービス 「iD」 に対応済み。これに加えて、新たにVisaブランドのApple Payへの対応を完了させた形となる。

Apple Payの設定は、LINEアプリから数分で完了できる。なお、Apple Payによる支払いにおいてもLINEポイント還元特典の対象となるとのことだ。

関連記事
LINE Pay、「カードレスLINEクレカ」 提供開始。最大6,000ポイントがもらえるキャンペーンも開催

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。