Apple、VR関連製品の発売は2018年頃か 実現はiPhone 8?

vr-social[ img via Road to VR / 画像はOculus Rift ]

先日、AppleのCEOティム・クック氏は決算発表の場で「VR技術はクールで、とても興味のある分野である」と述べ、製品化に興味があることを明かしており、一部報道ではVR関連の研究チームを社内に設置しているという。

実際、Appleがどの程度まで開発を進めているのかは不明だが、アナリストによると2018年にAppleはウェアラブルVR端末を発売する可能性があるようだ。

数百人規模の開発チームを設立

投資会社Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏によると、Appleは2018年までにウェラブル型のVR製品をiOS向けにリリースする予定であると予測している。

当然、Appleが極秘でVR技術を開発していると仮定した話にはなるだろうが、Appleは数百人体制でVR技術開発に臨んでおり、その多くの従業員がVR関連に経歴を持つ社員であるとのことだ。Munster氏によると、ビジネス向けのSNS「Linkedln」で少なくとも141人以上の従業員がVR技術関連の専門家であると伝えている。

この規模は同じVR関連技術を研究するMicrosoftで425人、Googleで267人と決して小さい規模ではなく、Munster氏は今後製品化をするには十分な人数であることを根拠に挙げている。

carplay

AppleのVR技術はiOSだけでなく、「Apple Car」や「Apple Watch」などの今後の新製品に貢献する分野であることはほぼ間違いない。VR関連の経歴を持つ141人の従業員が全員、同研究チームに配属されているとは思わないが、Appleが積極的にVR関連の技術を持つ従業員を雇用しているニュースを聞くと、AppleのVR製品への期待が高まってくる。

[ via iPhone in Canada ]

vr-social
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう