『ウォッチドッグス レギオン』2020年10月29日発売決定。最新トレーラーも公開

7月13日、Ubisoftは新作ゲーム発表イベント『Ubisoft Forward: Official Livestream – July 2020』を開催。同イベントの中で、Watch Dogs: Legion (ウォッチドッグス レギオン)』の発売日を2020年10月29日に決定したことを発表した。もともと2020年3月に発売予定だったが、ゲームクオリティを上げるために延期を決めていた。

『ウォッチドッグス レギオン』

『ウォッチドッグス レギオン』は、「ウォッチドッグス」 シリーズの最新作(3作目)。今回は戒厳令が敷かれた近未来のロンドンが舞台で、プレイヤーはハッカー集団 「DedSec」 を指揮して英国を支配する独裁政権に立ち向かう。

本作は、これまでのひとりの人物を操作するのではなく所属する戦闘員を “切り替え” ながらゲームを進めていくことになる。プレイヤーが操作できるプレイアブルキャラクターはかなり多く、MI5(英国諜報部)のエージェントを操作したり、ときには70歳のおばあちゃんを操作することも可能。各キャラクターは普段は一般市民として生活しており、それぞれ異なる人生を送っているという。

今回の『Ubisoft Forward: Official Livestream – July 2020』にあわせて『Watch Dogs: Legion (ウォッチドッグス レギオン)』の新しい動画が公開されている。ぜひご覧いただきたい。

本作の予約受付は昨年6月から開始されている。各予約特典はこちらの記事を参考にしていただきたい。プラットフォームはPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X、PCそしてGoogle Stadia。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。