「WatchOS 2.2.1」がリリース!バグの修正やセキュリティアップデートなど

本日、Appleは一般ユーザー向けに正式版の「watchOS 2.2.1」を正式にリリースしているので、詳細をお伝えする。

バグの修正やセキュリティアップデートが行われている模様

watchOS2

今回のアップデートでは、新しい機能などは今のところ見つかっておらず、主にバグの修正やセキュリティアップデートなどが行われているようだ。

セキュリティアップデートではどの部分が改善されたのかは不明だが、重要な部分のセキュリティが向上されている可能性もある。今回のアップデートはすべての「Apple Watch」ユーザーが対象になっているので、早めにアップデートしておくことが大事だ。

アップデートを行う場合は、ペアリングしているiPhoneの「Apple Watch」アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から行おう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。