Apple、「watchOS 2.2 beta 6」をリリース

watchOS2

本日Appleは、デベロッパー向けに「watchOS 2.2 beta 6」をリリースした。

大きな変更点はなしか

今回リリースされた「watchOS 2.2 beta 6」は、今のところ大きな変更などは分かっていない。新機能の追加というよりは、安定性の向上やバグフィックスがメインとなっているようだ。

「watchOS 2.2」では、複数の「Apple Watch」を「iPhone」とペアリングすることができるようになり、「マップ」アプリに周辺の情報を表示する「Near by」機能が追加される予定となっている。

今回リリースされた「watchOS 2.2 beta 6」のビルドナンバーは「13V5143a」。

アップデートには「iOS 9.3」が動作しているiPhoneが必要で、「Apple Watch」アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から更新が可能だ。

[ via AppleInsider ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。