watchOS 5.3.2がApple Watch Series 4向けに配信開始。iPhone 6シリーズ以前のiPhone利用者が対象

10月9日、Appleは 「watchOS 5.3.2」 をApple Watch Series 4向けに配信した。

今回配信された 「watchOS 5.3.2」 は、Apple Watch Series 4を旧型iPhoneで利用しているユーザー向け。旧型iPhoneとは、「iOS 13」 をインストールできないiPhoneを指し、具体的にはiPhone 6シリーズ以前のiPhoneが対象だ。

「watchOS 5.3.2」 がApple Watch Series 4向けに配信開始

現在配信されているwatchOSの最新は 「watchOS 6」 で、同OSを利用するにはペアリングしているiPhoneが 「iOS 13」 をインストールしている必要がある。「iOS 13」 はiPhone 6s/iPhone SE以降のデバイスが利用でき、それ以前のiPhoneは利用できない。そのため、iPhone 6以前のiPhoneを利用している場合は、Apple Watchに 「watchOS 6」 をインストールすることは不可能だ。

この状況を踏まえて、Appleは旧OSを利用するユーザー向けにセキュリティアップデートを実施。今回配信された 「watchOS 5.3.2」 は、Apple Watchのセキュリティを向上させる変更が加えられており、「watchOS 6」 の新機能などは実装されていない。

ちなみに、Apple Watch Series 1/2/3向けには先月27日の時点で 「watchOS 5.3.2」 が配信されている。

関連記事
Apple、「watchOS 5.3.2」 リリース Apple Watch Series 1/2向けに配信
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。