【新機能まとめ】「watchOS 5」が正式発表 新ワークアウトやトランシーバー機能の追加など

現地時間6月4日、Appleは米サンノゼで開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催している。初日の基調講演では「iOS 12」を始めとした次期OSが発表されているが、「Apple Watch」用の次期OS「watchOS 5」が正式に発表され、新機能など詳細が明らかになっている。

Appleによると、「watchOS 5」では新しいワークアウトが追加され、Apple Watchをトランシーバーのように使って会話することができる機能「Walkie Talkie」アプリが登場するなどの新機能が用意されている。早速だが発表内容を元に、詳細をまとめたので確認していただければと思う。

ワークアウトの自動検知が可能になり、ヨガなど新しいモードが3種類追加

Apple Watchを使って運動したものの、ワークアウトの起動を忘れてしまったがためにきちんと記録ができていなかった、という経験をしたことがある方はいないだろうか。

「watchOS 5」ではそういった事態にならないよう、ワークアウトが自動検知されるように。せっかくのアクティビティの記録を無駄にすることがなくなるはずだ。

また、友人と一緒にワークアウトのデータを競う「ワークアウトチャレンジ」機能も追加。友人にチャレンジを申し込むことで、ある一定の期間でどれくらいの運動をこなしたかを競争することができ、一番になった人はアワードを獲得することもできるようだ。

watchOSのワークアウトには定期的に新しいモードが追加されているが、今回から新たに「ヨガ」「ハイキング」「アウトドアラン」の3種類が利用できるように。さらに一部のワークアウトでは、新たにペースやケイデンスを計測することが可能になるとのこと。

Apple Watchをトランシーバーのように使う「Walkie Talkie」アプリが追加

Apple Watchに便利な新アプリが登場、その名も「Walkie Talkie」。同アプリはApple Watchをトランシーバーのように使い、相手と会話ができるものになる。

アプリを表示すると画面には「TALK」というボタンが表示され、このボタンを押し続けていると自分のボイスを録音し、相手に伝えることができるようだ。同機能は最新の「Apple Watch Series 3」以外のApple Watchでも使えるようになるという。


その他、「watchOS 5」の細かい機能は以下の通り。

  • iOS 12と同様に通知がまとめられ、Siriショートカットが利用可能に
  • Siriウォッチフェイスにサードパーティーアプリが表示可能に
  • 腕をあげるだけでSiriが起動
  • Webページが閲覧可能に
  • NFCを利用してApple Watchが学生のIDカードの代わりに
  • 「Podcast」がApple Watchで聴けるように

また、基調講演の終了後には、現行OSの「watchOS 4.3.1」では虹色の「プライド」仕様のウォッチフェイスが利用可能になっている。

「watchOS 5」の正式リリースは他のOSと同様、2018年秋になる予定。本日からは開発者向けにデベロッパープレビューが公開されているので、開発者の方々は早速ダウンロードしてみていただければと思う。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。