正式版 「watchOS 6.2.5」 が配信開始 2020年のプライドエディション文字盤が同梱

現地時間5月18日、Appleは正式版 「watchOS 6.2.5」 の配信を開始した。Apple Watch Series 1/2以降のデバイスをお持ちのすべてのユーザーが利用することが可能だ。

「watchOS 6.2.5」 は毎年恒例の新しいプライド・エディション・ウォッチフェイス (文字盤) を利用することが可能だ。今年の文字盤は合計3種類 「プライドデジタル 2019」 と 「プライドアナログ」 で、昨日販売が開始された Apple Watch用プライドエディションバンドに合わせた虹色の文字盤が利用できるようになっている。

「watchOS 6」 はApple Watch Series 1 / Series 2 / Series 3 / Series 4、そして 「Apple Watch Series 5」 で利用可能。初代Apple Watchでは利用することができないので注意が必要だ。

初代Apple Watch No
Apple Watch Series 1 Yes
Apple Watch Series 2 Yes
Apple Watch Series 3 Yes
Apple Watch Series 4 Yes
Apple Watch Series 5 Yes

また、「watchOS 6」 をインストールするには 「iOS 13」 をインストールしたiPhoneが必要となるので旧型のiPhoneを利用している方は注意が必要。「iOS 13」 は以下のデバイスで利用することが可能だ。

iOS 13 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPod touch (第7世代)

関連記事
正式版 「iOS 13.3.1」 が配信開始 スクリーンタイムやメールアプリなどの不具合が解消
正式版 「iPadOS 13.3.1」 が配信開始 iOS 13.3.1と同様スクリーンタイムやメールアプリの不具合が解消

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。