正式版 「watchOS 6」 が配信開始 計算機アプリなど新しい純正アプリが追加、Apple Watch用のApp Storeが登場

日本時間9月20日、Appleは正式版 「watchOS 6」 を一般ユーザー向けに配信開始した。

対応機種は 「Apple Watch Series 1」 以降のApple Watchとなっているが、本日は 「Apple Watch Series 3」 以降の端末にのみ配信が開始されている。「Apple Watch Series 1 / Series 2」 向けには今秋以降に配信が開始される予定だ。

「watchOS 6」 の特徴は?

「watchOS 6」 は、Apple Watchの近くにiPhoneがなくても動作できるように複数の機能が追加されている。

例えば、iPhoneでしか利用できなかった「オーディオブック」 「ボイスメモ」 「計算機」 アプリがApple Watchで利用できるように。

また、これまではApple Watchにアプリを入れるにはiPhone側で操作する必要があったが、「watchOS 6」 からはApple Watchから直接watchOSアプリをダウンロードできるようになっている。

「watchOS 6」 が利用できるデバイス一覧

「watchOS 6」 はApple Watch Series 1 / Series 2 / Series 3 / Series 4、そして本日発売となる 「Apple Watch Series 5」 で利用可能。初代Apple Watchでは利用することができないので注意が必要だ。

初代Apple Watch No
Apple Watch Series 1 Yes
Apple Watch Series 2 Yes
Apple Watch Series 3 Yes
Apple Watch Series 4 Yes
Apple Watch Series 5 Yes

また、「watchOS 6」 をインストールするには 「iOS 13」 をインストールしたiPhoneが必要となるので旧型のiPhoneを利用している方は注意が必要。「iOS 13」 は以下のデバイスで利用することが可能だ。

iOS 13.1 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone 11 Pro/11 Pro Max
iPhone 11
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPod touch (第7世代)

「watchOS 6」 の詳細は以下のまとめ記事から確認していただきたい。

関連記事
「watchOS 6」 新機能まとめ App StoreがApple Watchにやってくる
「Apple Watch Series 5」 が正式発表 常時点灯ディスプレイが初搭載。セラミックモデル復活&チタンモデルが新登場

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。