【新機能まとめ】Apple、Apple Watch用の次期OS「watchOS 3」を発表 ー今秋に無料でリリース予定

本日、Appleはデベロッパー向けカンファレンス「WWDC 2016」を開催し、今後「Apple Watch」に搭載されることになる次期OS「watchOS 3」を発表しているので詳細をお伝えする!

動作速度は「watchOS 2」の7倍の速さ

watchOS3

今回の「watchOS 3」の特徴は何と言ってもパフォーマンスの向上が図られているということ。多くの新機能が追加されているようだが、それでもOSの動作がめちゃくちゃ早い。

Apple曰く、「watchOS 3」の動作速度は「watchOS 2」の7倍の速さになっていて、イベントでデモが実演されていたが、それを見るだけでもかなり早くなっていることがよくわかる。

さらに、アプリのアクセスもより簡単になっていて、サイドのボタンをプッシュすることですぐにアプリにアクセスすることができるという。

「Dock」機能が追加され、アプリの切り替えが簡単に

「watchOS 3」には「Dock」機能というアプリスイッチャー機能が追加される。

watchOS3-2

サイドボタンを押し、右や左にアプリ画面をスライドすることで、アプリの切り替えを瞬時に行うことができるようになる。

必要なアプリにすぐにアクセスできるようになるので、煩わしい操作が必要なくなる。地味に嬉しい機能だ。

新しいウォッチフェイスの追加

もはや恒例になっているが、毎回新しい「watchOS」が登場するとともに新ウォッチフェイスが追加されている。

「watchOS 3」には新しいウォッチフェイスが追加されている。デモではディズニーの「ミッキー」の他にも「ミニー」など複数のウォッチフェイスが追加されている。

watchOS3-1

バリエーションも多く用意されているようなので、「Apple Watch」のカラーによって好きなウォッチフェイスを選ぶことができる。

これらウォッチフェイスはスワイプですぐに切り替えができるので、気分で「Apple Watch」の「顔」を変えることもできるように。

また、コンプリケーションの組み合わせも多種多様になった。

側面ボタンを押し続けることでエマージェンシーコールができるように

「Apple Watch」はウェアラブル端末なだけあって、どの端末よりも身近な存在。腕を上げればいつでも触ることができる便利なものだ。

もし、自信が緊急事態に陥った時、「iPhone」からではなく「Apple Watch」から警察や救急に電話できたらどれほど便利なことか。

watchos3-3

「watchOS 3」はそれを可能にした。「watchOS 3」にはエマージェンシー機能が搭載される。

使い方は簡単で、「Apple Watch」の側面を押し続けるだけ。そうするとペアリングした「iPhone」から自動で警察や救急に電話をかけてくれる。

「コントロールセンター」機能が登場 各種機能のオンオフが簡単に

wwdc2016-watchos-3_1

iOSなどで搭載されている「コントロールセンター」機能が、「Apple Watch」にも導入される。「iOS」のように下からスワイプすることでコントロールセンターを起動

「watchOS 3」に含まれる様々な機能を「コントロールセンター」から変更可能になった。

メッセージアプリで文字の手書き入力に対応

wwdc2016-watchos-3_2

メッセージアプリでの返信方法は、従来までは定型文や絵文字、音声入力などでの返信のみが可能だったが、今回のアップデートで文字の手書き入力に対応。Apple Watchの画面で1文字ずつ文字を書くことで文字入力が可能だ。

対応言語は英語と中国語のみが発表されていたが、中国語の漢字が認識できるのであれば、いずれは日本語に対応する可能性も。

アクティビティが進化 シェアが可能になったり、車椅子に対応

wwdc2016-watchos-3_3

Apple Watchを着けて運動した時に、どのくらい運動したのかを記録する「アクティビティ」に新たな機能が追加だ。

まずは、アクティビティのシェア機能が追加になった。友達複数人とシェアし合って、自分が友達に比べてどのくらい運動しているのかを調べるのも面白そうだ。

wwdc2016-watchos-3_4

そして、アクティビティが車椅子にも対応

Apple Watchには、定期的に立つことを勧める「スタンド機能」というものがあるが、車椅子だと「車椅子を動かす」ことを勧めてくれるようだ。

新機能「Breath (ブリーズ )」が搭載

wwdc2016-watchos-3_5

定期的に立つことを勧めてくれる「スタンド機能」と同じ要領で、定期的に「深呼吸」を促す「ブリーズ機能」が新しく搭載。

「ブリーズ機能」では、画面に花のようなエフェクトが表示され、深呼吸のリズムを合わせることで心拍数などの結果が表示されるようだ。

より様々なアプリが開発できるように

wwdc2016-watchos-3_6

これまでは、「Apple Watch」のアプリを開発するとしても、様々な機能へのアクセスが制限されていたことで、自分の望むアプリを作成できなかったというデベロッパーもいたかもしれないが、今後はその制限が大きく緩和されることになった。

今回アクセスが可能となったのは、バックグラウンドでのワークアウトや、リアルタイムの心拍数、ジャイロスコープや加速度計といったセンサーだ。

wwdc2016-watchos-3_7

また、「iOS」や「OS X」用の2Dゲーム開発フレームワークである「SpriteKit」がサポートされ、デジタルクラウンとタッチイベント、スピーカーとビデオ、Game Centerなどが開放されたことで、Apple Watchでのゲームの開発がより便利に。

これらがサポートされたことで、様々なアプリを開発することができるようになるのではないだろうか。

wwdc2016-watchos-3_8

「watchOS 3」の開発者向けのリリースは本日から、一般向けのリリースは今秋を予定しているということなので、Apple Watchユーザーはアップデートを楽しみにしておこう!

watchOS3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう