「watchOS 4.3.2 beta 2」が開発者向けに公開

現地時間13日、Appleは開発者向けに「watchOS 4.3.2 beta 2」の配信を開始した。

すでに開発者向けには次期tvOSのベータ版「watchOS 5 beta 1」が公開されているが、今回公開されたのは現行OSの最新ベータ版となっている。

「watchOS 4.3.2 beta 2」の変更点は現時点では不明。ただし、すでに「watchOS 5」のベータ版の配信が開始されていることに加えて、前ベータ版の「watchOS 4.3.2 beta 1」でも大きな変更点がなかったことから、おそらくバグフィックスやパフォーマンス改善などが実施されていることが予想される。

ビルドナンバーは「15U5062a」。「watchOS 4.3.2」のベータ版を利用している開発者の方々は時間のあるときにアップデートしておこう。

ちなみに「watchOS 5 beta 1」は、インストール時にトラブルが発生するなどの問題があったことで一時的に配信中止となっていたが、現地時間11日に問題が解決したバージョンの配信が開始されている。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。