「watchOS 5.1」、一部のApple Watchで文鎮化の報告

これから「watchOS 5.1」をインストールしようとしている方は、少しだけ待った方が良いかもしれない。

MacRumorsによると、本日リリースされた「watchOS 5.1」をApple Watchにインストールしようとした一部ユーザーから、Apple Watchが文鎮化したという報告が上がっているとのこと。

この不具合は「watchOS 5.1」にアップデートする際に発生するという。もし不具合に遭遇してしまった場合、Apple Watchの起動時に表示されるリンゴマークから進むことができず、強制再起動をしても無事に起動することができなくなってしまうという。

同問題に遭遇したユーザーは問題解決のためAppleサポートに連絡したところ、アップデートが完了するまで2~3時間ほどApple Watchを放置することを勧められたとのこと。その後、問題が解決したのかは明らかになっていないが、アップデートに数時間もかかることは通常であればあり得ないので、放置しただけでは解決できない可能性が高い。中には文鎮化のため新品へ交換対応になった方もいるとのこと。

報告が上がっている製品は「Apple Watch Series 4」が多いようだが、発生している件数が多くないのか、どの端末でどんなシチュエーションで発生しているのかは完全に突き止めることができていない。まだ「watchOS 5.1」をインストールしていない方はアップデートを保留しておいた方が良いかも。

【追記】表現を一部修正しましたが、記事内容は特に変わりありません。

【追記:2018/10/31 10:30】
上記の文鎮化の報告を受けて、Appleが「watchOS 5.1」の配信を一時的に停止したことが判明しました。もしアップデート可能と表示されても、問題が解決するまではアップデートを控えておいた方が良さそうです。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 4
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。