Apple、iOS 12ユーザー向けに 「watchOS 5.3.5」 配信

現地時間2月18日、Appleは 「watchOS 5.3.5 (16U652)」 の配信を開始した。

「watchOS 5.3.5」 は、「iOS 13」 をインストールできない旧機種のiPhoneを利用しているユーザー向けに配信されたwatchOS。具体的なアップデート内容については不明だが、おそらくセキュリティ改善などが行われていることが予想される。

ちなみに同日、Appleは 「iOS 13」 利用者向けに 「watchOS 6.1.3」 の配信も行っている。同OSには、アイスランドでApple Watchの “不規則な心拍の通知” が正常に働かない問題の修正を含むバグの修正および改善が含まれているとのことだ。

関連記事
「watchOS 6.2 beta 1」 「tvOS 13.4 beta 1」 が開発者向けに配信開始
正式版 「watchOS 6.1.2」 「tvOS 13.3.1」 が一般ユーザー向けに配信開始 セキュリティアップデートが内包

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。