watchOS 5の新機能「Raise To Speak」が最新ベータ版で利用可能に

今秋リリース予定の「watchOS 5」で、Apple Watchは「Hey Siri」を言わずともSiriに話しかけることができるようになる。これは「WWDC 2018」ですでに発表されている新機能だが、最新のベータ版でようやく同機能が使えるようになった。海外メディア9to5Macが報告している。

腕をあげるだけで即座に「Siri」を起動

新機能の名前は「Raise To Speak」。Apple Watchを着けた腕を上げることでSiriがスタンバイ状態になり、すぐに話しかけることができるようになるという機能。これまでは腕を上げてから音声コマンド「Hey Siri」を言う必要があったが、次期watchOSからは「いつものを注文して。」と言うだけで、よりスムーズな注文が可能になる。

すでにAppleは開発者向けに「watchOS 5 beta」をリリースしているが、この機能は利用することができなかった。しかし、最新のベータ版において同機能が利用できるようになっているとのこと。

「Raise To Speak」を利用する場合、設定が必要だ。有効化するには「Watch」アプリの「設定」>「一般」>「Siri」に移動し「Raise To Speak」から。iPhoneやwatchOSの最新ベータ版を入れる必要がある。最新のベータ版はiOSが「iOS 12 beta 2」、watchOSが「watchOS 5 beta 2」だ。

ちなみに、この機能は現時点では全ユーザーが利用できるわけではなく、順次アンロックされているとのこと。一部のユーザーは依然として利用することができないようなので、もし該当する場合は数日待ってみるといいかもしれない。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。