「watchOS 7.0.2」 が配信開始。バッテリーの消耗が激しくなる不具合とECGアプリの不具合が修正

現地時間10月12日、Appleは 「watchOS 7.0.2」 を一般ユーザー向けに配信開始した。対応機種は同バージョンへのアップデートが可能だ。

「watchOS 7.0.2」 がリリース

今回リリースされた 「watchOS 7.0.2」 は 「watchOS 7.0.1」 で発生していた不具合の修正が行われている。具体的にはバッテリーの減りが早くなることがある問題と、本来であればECGアプリを利用できる地域で、一部ユーザーがECGアプリにアクセスできなかった問題が修正されているとのことだ。

watchOS 7.0.2には、以下の改善とバグ修正が含まれます:

  • バッテリーの減りが早くなることがある問題に対処
  • “心電図” Appを利用可能な地域で一部のユーザが“心電図” Appにアクセスできなかった問題を解決

「watchOS 7」 はApple Watch Series 3 / Series 4 / Series 5 / Series 6 / SEで利用可能。また、「watchOS 7」 を利用するには 「iOS 14」 をインストールしたiPhoneが必要になるため、インストールする際には 「watchOS 7」 と 「iOS 14」 両方のサポート端末のチェックをお忘れなく。iOS 14のサポート端末はこちらの記事から確認を。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?
次期watchOSの 「watchOS 7」 が正式発表。新機能まとめ

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。