Apple WatchのECG(心電図)機能、ついに日本でも利用可能に。近日公開予定のwatchOS 7.3で

「Apple Watch Series 4」 以降のApple Watchに搭載されているECG (心電図) 機能が、ついに日本でも利用可能になることがわかった。

現地時間1月21日に開発者向けに公開された 「watchOS 7.3 RC」 のリリースノートで、日本国内でECG機能が利用可能になることが記載されている。(追記:1月22日、Appleが公式サイトで正式に発表した。→Apple Watchに心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が登場)

[ img via McGuire Wood ]

このことから、来週以降に公開される予定の正式版 「watchOS 7.3」 で、日本のApple Watchユーザーも同機能を利用できるようになるとみられる。

なお、ECG機能と同時に 「不規則な心拍の通知」 機能も利用可能になることが明らかになっている。

正式版 「watchOS 7.3」 で日本でもECG機能が利用可能に

ECG機能とは、Apple Watch (Series 4以降) に搭載されている心電図の計測機能。側面にあるDigital Crownに指を載せることでユーザーの心電図を計測することが可能。現在は米国やカナダなど一部の国・地域でのみ利用できるが、残念ながら日本では国内法の関係などから、まだ利用できずにいた。

ECGが利用できるApple Watchは、Apple Watch Series 4、Apple Watch Series 5、Apple Watch Series 6。Apple Watch SEでは残念ながら利用できない。

ちなみにECG機能は、日本以外では新たにマヨット、フィリピン、タイで利用可能になる予定だ。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。