「watchOS 7.4 Public Beta 1」 配信開始。マスク装着時にiPhoneのFace IDをApple Watchで認証できる新機能が追加

現地時間2月4日、Appleは 「watchOS 7.4 Public Beta 1」 を配信開始した。Apple Beta Software Programに登録しているユーザーは同ベータ版を利用することが可能だ。

「watchOS 7.4 Public Beta」 は、Appleが提供する次期watchOSのパブリックベータテスト版。対応端末を持っているユーザーなら誰でも無料で利用でき、watchOS 7.4の新機能を試すことが可能だ。

同ベータ版は、現地時間2月1日に開発者向けに配信された 「watchOS 7.4 beta 1」 とほぼ同じ内容になっているものとみられる。「watchOS 7.4 beta 1」 では、マスクを装着している状態でもiPhoneのFace IDをApple Watchで認証できる新機能が利用可能になっている。

新機能にいち早く触れてみたい方はぜひインストールを。ただしあくまでもベータ版であるため、不具合などが内包されている可能性がある点には注意していただきたい。

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度を計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ?
iPhoneのロックがApple Watchで解除可能に。マスク装着状態でもFace IDが突破できる神アプデ

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。