次期watchOSの 「watchOS 7」 が正式発表。新機能まとめ

現地時間6月22日、Appleは初のオンラインのみで開催となった年次開発者会議 「WWDC20」 の基調講演で、次期watchOSこと 「watchOS 7」 を正式発表した。

「watchOS 7」 には複数の新機能が追加されることが明らかになっている。この記事では 「watchOS 7」 の新機能をまとめたので、今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

文字盤にサードパーティー製アプリのコンプリケーションを複数表示可能に

これまで、サードパーティー製アプリは文字盤の 「コンプリケーション」 に1つの情報しか表示することができなかったが、watchOS 7では複数の情報を表示できるようになり、文字盤の自由度がアップする。

また、コンプリケーションが利用できる文字盤が増え、カスタマイズ時のUIがより使いやすく変更されることもアナウンスされている。

文字盤の共有機能

watchOS 7では、文字盤をWEBサイト上から入手したり、他のユーザーに共有する機能が追加される。

WEBサイト上で気に入った文字盤を見つけたら、「文字盤を追加」 ボタンをタップするだけでその文字盤を簡単に入手することができる。この際に足りないアプリがある場合、そのアプリをダウンロードすることもできるようだ。

自作の文字盤を共有するには、共有したい文字盤を長押しして 「共有」 をタップし、相手に送るだけ。友達が使いやすそうな文字盤を使っているなら、この機能を使ってぜひ共有してもらおう。

文字盤はデベロッパーから直接提供したり、SNS上で共有することもできるとのこと。

「マップ」 アプリがサイクリングに対応

「マップ」 アプリには 「iOS 14」 と同じ変更が行われる。具体的にはサイクリングに対応し、移動時間や距離、高低差といったルートの詳細をApple Watchでも確認することができる。

Apple Watchの音や振動で曲がり角を把握できるため、サイクリングの時にはとても便利になること間違いなしだ。

ワークアウトに 「ダンス」 「機能的筋力トレーニング」 「クールダウン」 が追加

watchOS 7ではワークアウトに新たに 「ダンス」 「機能的筋力トレーニング」 、運動後の 「クールダウン」 が追加される。

「ダンス」 は腕の動きと足の動きが常に一定ではないため、加速度センサーとジャイロスコープのデータから腕と下半身の動きを判断し、さらに心拍数のデータを踏まえて正確な消費カロリーを算出しているという。

また、運動の結果を確認する 「アクティビティ」 アプリは名称が 「フィットネス」 に変更。UIも見やすく変更されている。

待望の睡眠トラッキング機能が追加

watchOS 7では、待望の睡眠トラッキング機能が追加される。同機能はユーザーの呼吸の強弱で起きるわずかな動きを読み取ることで実現しているという。トラッキングされた情報はヘルスケアアプリで確認することが可能だ。

睡眠トラッキング機能を利用するには、起床時間と就寝時間を設定する必要がある。設定が完了していると、ベッドに入るタイミングでiPhoneが落ち着いたロック画面の 「睡眠準備」 モードになる。この画面ではアラームやベッドランプの消灯など、就寝前のルーティンのためのショートカットも設定できるという。

寝る時間になるとApple Watchがおやすみモードに。就寝中は画面が消え、タップするとシンプルな文字盤のみが表示される仕様だ。

起床のためのアラームは音を鳴らすのはもちろんだが、隣で寝ているパートナーを起こさない触覚アラームも利用することができる。起きると 「おはよう」 のメッセージとともにバッテリー残量が表示されるため、充電忘れを防ぐことができるはずだ。

ちなみに、睡眠スケジュールや睡眠準備モードは 「iOS 14」 を搭載したiPhoneだけでも利用可能だ。

手洗いを支援するカウントダウン機能

watchOS 7では手洗いを自動検知して十分に洗えているかをカウントダウンする機能が搭載される。

仕組みとしては、機械学習によってユーザーが手を洗う動作を検知し、さらにオーディオなどで水や手の音を検知することで実現しているという。

手洗い中には20秒のカウントダウンが表示され、カウントダウン終了前に手洗いをやめてしまうともっと続けるようにメッセージが表示される。終了タイミングは音などで教えてくれるとのことだ。


watchOS 7は 「Apple Watch Series 3」 以降のApple Watchで利用することができる。昨年のwatchOS 6でサポート対象だったSeries 1とSeries 2は残念ながらサポート対象外となってしまったため、次期watchOSを使いたい場合はSeries 3以降のモデルへの買い替えを検討しよう。

watchOS 7の正式リリースは2020年秋を予定。すでに開発者向けにデベロッパープレビューが追加されており、7月にはパブリックベータ版がリリース予定だ。

関連記事
「watchOS 7」 はApple Watch Series 3以降のApple Watchをサポート
iOS 14・iPadOS 14が正式発表。すべての新機能をまとめてみた

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。