「watchOS 8.0.1」 配信開始。Apple Watch Series 3でアクセシビリティ設定を利用できない不具合などが修正

現地時間10月11日、Appleは 「watchOS 8.0.1」 を一般ユーザー向けに配信開始した。対応機種は同バージョンへのアップデートが可能だ。

「watchOS 8.0.1」 が一般ユーザー向けにリリース

今回配信が開始された 「watchOS 8.0.1」 では、Apple Watch Series 3でソフトウェア・アップデートの進行状況が正確に表示されない不具合や、アクセシビリティ設定を利用できない可能性がある問題が修正されている。

watchOS 8.0.1 リリースノート

このアップデートには、Apple Watch用のバグ修正が含まれます。

  • Apple Watch Series 3の一部のユーザにソフトウェア・アップデートの進行状況が正確に表示されないことがある問題
  • Apple Watch Series 3の一部のユーザがアクセシビリティ設定を利用できない可能性がある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:https://support.apple.com/HT201222

関連記事
Apple Watch Series 6 レビュー (チタニウム) 血中酸素濃度が計測できる新モデル。どんなユーザーにオススメ

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。