正式版 「watchOS 8.5」 「tvOS 15.4」 配信開始。Apple TVでの購入をApple Watchで承認できるように

現地時間3月14日、Appleは正式版 「watchOS 8.5」 「tvOS 15.4」 を一般ユーザー向けに配信開始した。対応デバイスは、これらのバージョンへのアップデートが可能だ。

正式版 「watchOS 8.5」 「tvOS 15.4」 が一般ユーザー向けに配信開始

「watchOS 8.5」 では、Apple WatchでApple TVでの購入の承認ができるようになったほか、不規則な心拍の通知機能のアップデートが一部の国で利用できるようになった。

WatchOS 8.5 リリースノート
watchOS 8.5には、以下の新機能と機能改善、およびバグ修正が含まれます:

  • Apple TVでの購入とサブスクリプションの承認機能
  • Appleウォレットの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードがEUデジタルCOVID証明書の書式に対応
  • 心房細動の検知を改善するために設計された不規則な心拍の通知のアップデート。この機能は、米国、チリ、香港、南アフリカ、およびその他多数の地域で使用可能。バージョンを確認するには、こちらにアクセスしてください: https://support.apple.com/ja-jp/HT213082

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「tvOS 15.4」 に関しては、ホテルのWi-Fiなど追加の認証が必要なネットワークにApple TVを接続できるようになったほか、ビデオプレイヤーに 「次へ」 キューが表示されるようになり、番組から番組に便利に移動できるようになるなどの変更が行われている。

関連記事
Apple Watch Series 7 レビュー (ステンレススチール) 画面がさらに大きくなった新型モデル、どんなユーザーにオススメ?
Apple TV 4K レビュー | 使ってみると意外と便利。だけど一般ユーザーが買うべきか考えてみた〜Apple TVができることまとめ〜

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。