手のグーパーでApple Watchを操作できる 「AssistiveTouch」 watchOS 8で実装。対応デバイスはSeries 6/SE以降

本日未明に配信された 「watchOS 8」 には、「AssistiveTouch for Apple Watch」 という新機能が実装されている。

この機能は、Apple Watchを装着した状態で手を握ったり、手首や指の動きを検知し、画面を触らずにApple Watchを操作できるというもの。手や腕に障碍をもつユーザーのために開発されたアクセシビリティ機能だ。

手の動きだけでApple Watchを操作できるアクセシビリティ機能がApple Watchに実装

「AssistiveTouch for Apple Watch」 は、Apple Watchに内蔵されたジャイロスコープや加速度センサー、光学式心拍センサーを使用して、ユーザーのハンドジェスチャーを検知する。

検知できるジェスチャーはおおきく分けて2種類。親指と人差し指をくっつけるピンチと、手のひら全体を握りしめてグーを作るクレンチ。またこれらの操作を2回連続して行うダブルピンチと、ダブルクレンチ。これらで腕を使わずにApple Watchを使用することが可能だ。

クレンチは主に決定、ピンチは選択するボタンの変更に使用する。また、ダブルクレンチをするとアクションメニューを呼び出すことができ、ここからスクロールやDigital Crownを押す、あるいは回すときの動作をさせること。また、画面にカーソルを表示させ、特定箇所のタップ操作を擬似的に行うこともできる。

これらの操作は、すべてユーザー側でカスタマイズすることができる。人によってどこに障碍があるかは人それぞれで、これに対応するため、各操作の割り当てを自由に変えられるようになっている。

「AssistiveTouch for Apple Watch」 があれば、手や腕に障碍をもつユーザーの一部がApple Watchを操作できるようになる可能性がある。最近多くの企業がアクセシビリティに力を入れているが、アタッチメントなど別の何かを必要としない今回の 「AssistiveTouch for Apple Watch」 は、すべてのユーザーに等しい体験を提供することを重視するAppleならではの機能と言えそうだ。

本機能は、Apple Watchの設定アプリにある 「アクセシビリティ」 > 「AssistiveTouch」 の項目から有効にできる。各種カスタマイズも同項目から可能だ。

なお、AppleはWWDC 21で 「AssistiveTouch for Apple Watch」 を発表したとき、対応機種について直接言及していなかったが、ブラジル人ジャーナリストPedro氏 (via @Krgn1002さん) によれば、本機能はApple Watch Series 6/SE以降のデバイスで使用できるとのこと。残念ながらApple Watch Series 5以前のデバイスでは使用することができないため、その点は注意が必要。この件についてはApple Japanに問い合わせ中。新しい情報が分かり次第追記する予定だ。

追記:Apple Japan広報より正式な回答を得ることができたので追記。「AssistiveTouch」 は現在、Apple Watch Series 6/SEで対応しているとのこと。Apple Watch Series 5以前ではやはり使えないようだ。

関連記事
「Apple Watch Series 7」 が正式発表。新機能、スペックなどまとめ。発売は2021年秋後半
「watchOS 8」 新機能まとめ。呼吸アプリの刷新やデジタルキーのサポートなど多数

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。