「watchOS 8」 対応機種まとめ。Apple Watch Series 3以降の全モデルをサポート

現地時間6月7日、Appleは年次開発者会議 「WWDC21」 の基調講演をオンラインで配信。次期watchOSの 「watchOS 8」 を正式発表すると同時に、「watchOS 8」 の対応端末についても発表している。

watchOS 8は、Series 3以降の全モデルで利用可能

Appleの発表によると、「watchOS 8」 は、2017年に発売したApple Watch Series 3以降のApple Watchで利用可能であるとのこと。昨年の 「watchOS 7」 ではSeries 1とSeries 2がサポートから外れたが、「watchOS 8」 ではサポートから漏れたモデルはなく、「watchOS 7」 を利用できるデバイスは 「watchOS 8」 を利用できることになる。

watchOS 8 対応端末

  • Apple Watch Series 6 (発売:2020年9月)
  • Apple Watch Series 5 (発売:2019年9月)
  • Apple Watch Series 4 (発売:2018年9月)
  • Apple Watch Series 3 (発売:2017年9月)

なお、Apple WatchはiPhoneとの連携が必須であるため、「watchOS 8」 を利用するには 「iOS 15/iOS 14」 をインストールしたiPhoneが必要になる。「iOS 15/iOS 14」 をインストールできるデバイスは以下の表のとおり。

iOS 15/iOS 14 対応端末
iPhone iPod touch 
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 12 / 12 mini
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPod touch(第7世代)

「watchOS 8」 は2021年秋にリリース予定。本日からデベロッパーベータの配信が開始されており、7月にはパブリックベータ版が配信される予定だ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。