雨・雪・雲 (霧) 自動判別する多周波気象レーダーシステム、ウェザーニューズが開発開始

1月6日、ウェザーニューズは雨・雪・雲 (霧)などの気象条件を自動で判別する多周波気象レーダーシステムの開発を開始すると発表した。

同システムは、空飛ぶクルマやドローンといった 「次世代空モビリティ」 の安全運行や、最適なルート選定を支援するために開発される。

たとえば、ドローンは霧雨や弱い雨の中を飛行することは可能だが、強い雨の中を飛行することは困難。目的地まで安全に飛行させるには、飛行ルート上の雲の様子を把握する必要がある。

従来の気象レーダーでは、ひとつのレーダーシステムに、単一の周波数帯を利用する方法がとられているなか、本レーダーシステムではひとつのレーダーシステムに特性の異なる複数の周波数帯を利用することで、雲内部を高解像度に観測。雨・雪・雲(霧)の判別を可能にするという。

プロトタイプは2024年末までに完成を予定しているとのこと。ドローンの運航支援の実証実験を行いながら、量産試作などを経て、2030年ごろの運用開始を目指し研究開発を行う。

本研究は、大阪大学大学院工学研究科 牛尾知雄教授が参画し、技術指導・助言を行うとのこと。また、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) の「未来社会創造事業 (大規模プロジェクト型)」令和3年度の技術テーマにおいて、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が提案し採択された研究開発課題の共同研究グループとして参加し、その一環として支援を受ける形で研究を進めていくとのことだ。

画像提供=ウェザーニューズ

▼ 「ウェザーニュース」 アプリをダウンロード
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。