スマートウォッチ各社でどの会社が一番クールかという調査でAppleが堂々の1位

今や一大産業と化したスマートウォッチ市場。

AppleだけでなくGoogleやSamsung、ソニーなどの携帯メーカーからファッション業界で最前線を走る超一流メーカーすらも参入している激アツ市場だ。

各社、自社開発やコラボをしたりと様々な展開を見せるスマートウォッチ業界だが、一体どこのメーカーが、ユーザーから一番クールだと思われているのか、という調査が行われた。

結果はある程度予想通りだったが、一部で面白い結果も出ていたので紹介する。

Apple、Samsungがワン、ツー、フィニッシュ

apple-watch

1位は堂々のApple、2位がSamsungであるという、予想通りの結果に。下が「どのメーカーがクールなのか」という調査結果だ。

1. Apple
2. Samsung
3. Google
4. LG
5. Sony
6. Nike
7. Rolex
8. UnderArmour
9. TAG Heuer
10. Ralph Lauren
11. G-Shock
12. Chanel
13. Microsoft
14. Motorola
15. Adidas
16. Omega
17. Breitling
18. Huawei
19. Garmin
20. Pebble
21. Xiaomi

この調査は、2,000人以上の米国と英国のスマホユーザーに対して行ったもので、その大多数である75%以上がAppleとサムスンを選んでいる寡占市場であるという結果となった。

興味深いのは、意外にもモトローラやHuaweiよりナイキやマイクロソフトの方がランクとしては上であることだ。これはユーザーがAndroid Wearを搭載していてもあまりかっこいいと感じていないことを意味しているのでは、とCult of Macは指摘している。

tag-heuer-connected02

いずれにしてもユーザーはほとんどがAppleとSamsungを選んでいる。今年末にはTag Heuerもスマートウォッチを出すと宣言しているように、今後もより多くのメーカーからスマートウォッチは出されていくだろう。

この寡占市場を破壊するダークホースが現れるのか、それとも2社の強烈な競争が始まるのか楽しみだ。

[ via Cult of Android ]

apple-watch
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう