KDDIとWILLER、半径2キロ圏内乗り放題 「mobi」 を30日5,000円で展開

KDDIとベンチャー企業のWILLERは12月22日、エリア定額乗り放題サービス 「mobi」 を2022年1月より共同で提供すると発表した。

「mobi」 の展開にあわせて、KDDIとWILLERは合弁会社 「Community Mobility株式会社」 をそれぞれ出資比率49%、51%で設立。モビリティサービスと通信を掛け合わせ、地方・都市の社会課題解決と新たな移動体験の提供、交通業界のDX化を支援する。

KDDIとWILLER、エリア定額乗り放題サービス 「mobi」 2022年1月より提供開始

「mobi」 は、自宅から約半径2キロ圏の近距離回遊型移動サービスで、配車される車に乗り放題・移動し放題となる。配車はアプリや電話にて行い、エリア内であればどこでも乗り降りが可能。

徒歩や自転車に代わる近距離移動システムとして、主に、保育園やスーパーマーケットへの近距離移動を行うユーザーをターゲットにする。背景には、子育て世代の子どもの送迎や、運転免許証を保有しない、免許証を自主返納した高齢者の方による近距離移動の需要があること。さらには、新型コロナウイルス感染症の拡大により、自宅周辺で過ごす時間が増えたこともあり、近距離移動の需要が高まっている現状があるという。

アプリ利用イメージ

運転はプロのドライバーが行い、AIルーティングによって常に最適なルートで移動できるとのこと。提供地域は東京都渋谷区、愛知県名古屋市千種区、京都府京丹後市、東京都豊島区(2022年開始予定)で、その後も拡大予定。

料金プランは、30日定額プランが5,000円、同居する家族であれば500円/1人で最大6人まで追加可能。都度課金として、1回乗車300円(小学生以下150円)でも利用可能だ。

関連リンク:WILLERとKDDI、エリア定額乗り放題サービス「mobi」を共同で提供 | KDDI株式会社

▼ 「mobi Community Mobility」 アプリをダウンロード
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。