Microsoftは「Windows 10」でiMessageを利用できる環境を作りたい

Microsoftは、Appleのメッセージ機能「iMessage」をWindowsマシンでも利用できるようにすることにかなり積極的だ。

同社ジェネラルマネージャーのShilpa Ranganathan氏は、Appleと協力して、「iPhone」と「Windows 10」端末間でiMessageを共有できる環境の構築を望んでいる。

「Your Phone」の中で、iMessageが利用できるようにしたいMicrosoft

Microsoftは今月7日から開発者向けイベント「Build 2018」を開催し、iOS端末とAndroid端末内の画像やメッセージ、通知などをWindows端末で閲覧することができるアプリケーション「Your Phone」を発表している。

同アプリは、プラットフォームを越えて利用することができる便利アプリと注目されているが、ただし複数のプラットフォームを完全に横断できるわけではなく、いくつかの障害があるそうだ。その中の一つがAppleのメッセージの閲覧・統合だという。

ユーザーのプライバシーを守るため、Appleは「iMessage」に対して非常に高いセキュリティを施しており、第三者がアクセスすることはかなり難しくなっている。それだけでなく、Androidをはじめとした他プラットフォームに対しても「iMessage」は解放しておらず、それはMicrosoftも例外ではない。

そのため、「Your Phone」でiMessageを閲覧することは事実上不可能なわけだが、だからと言ってMicrosoftは完全に諦めているわけでもない様子。Shilpa Ranganathan氏はThe Vergeのインタビュー内で「Appleのエコシステムを崩さない形での実装を実現したい」と述べており、あくまでもAppleの方針を尊重することを考えているという。

こういったMicrosoftからのラブコールを受けて、Appleは何を考えるのか。iMessageを閲覧できるように協力体制をとるのだろうか。

その答えはAppleのみが知ることだが、以前にも「iMessage for Android」の噂が出てから、一向に同サービスの提供が開始されないことから、残念ながらWindowsとの提携に関しても期待薄かもしれない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。