「Windows 11」 のリリース日が10月5日に決定。Windows 10のサポートは2025年10月14日まで

現地時間8月31日、米Microsoftは次期OS 「Windows 11」 の配信日を、2021年10月5日に決定したと発表した。対象のWindows 10搭載PCには、「Windows 11」 へのアップグレードが無料提供される。

Windows 11、2021年10月5日に正式リリース

Microsoftによれば、「Windows 11」 は以前のWindowsアップグレードと同様に段階的に提供されるとのこと。

10月5日に一部デバイスに向けて提供開始となり、2022年にかけてすべての対象デバイスに配信していく予定。「Windows 11」 が利用可能になると、Windows Updateに通知が表示される。

「Windows 11」 は、現行のWindows 10の後継OSとして提供される。特徴は、大幅なデザインの変更と、多くのサービスの統合による利便性の向上。デザインとユーザーエクスペリエンスを簡素化し、生産性を高めたり創造性を刺激するべく、モダンでクリーンなデザインに変化。

ブルーとホワイトで構成された基本UIはこれまで通りだが、透明感のあるすりガラス風な要素も導入されている。Winsowsロゴのスタートボタンなどが中央に配され、システムアイコンも刷新。

ウィンドウのスナップ機能のUI変更や、タスクバーのアプリアイコンを中央寄せにするなどの変化もみられる。そのほかウィジェットの復活や、ダークモードもサポートも。なお、MicrosoftによるとOSの動作はとてもスムーズになるとのこと。スリープからの復帰だけでなく、ブラウザの動作も早くなり、快適なブラウジングが可能としている。

さらにコロナ禍において需要が拡大したオンライン会議ソフト 「Microsoft Teams」 が統合されている。

また、ゲーミング関係にも重点が置かれている。「Windows 11」 に同梱される 「Xbox」 アプリには、Xboxのサブスクリプションサービス 「Xbox Game Pass」 やクラウドゲーミングサービス 「Xbox Cloud Gaming」 が統合され、アプリを開けばXboxのゲームがプレイできるという分かりやすさも。

DierctX12 UltimateやDirectStorageをサポートすることで各種タイトルの起動を早くすることが可能。HDRに対応しないゲームを擬似的にHDR化する 「AutoHDR」 機能も利用可能に。

さらに、Androidアプリが 「Windows 11」 で動作可能。AndroidアプリはAmazonアプリストアからインストールする方式で、6月の発表時に公開されたデモでは有名アプリがWindowsで動作する様子が映し出されていたが、同機能が提供されるのは10月5日以降になるとのこと。今後数ヶ月のうちに、Windows Insiders向けにプレビューが開始される予定となっている。

Windows 11の最小システム要件は以下のとおり。なお、Windows 10のサポートは2025年10月14日までとなっている。

  • プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64ビットプロセッサもしくはシステムオンチップ(CPU/SoC/第8世代以降のIntel Core、第2世代以降のAMD Zen、QUalcomm 7/8シリーズ以降)
  • RAM:4GB以上
  • ストレージ:64GB
  • システムファームウェア:UEFI, Secure Boot capable
  • TPM:Trusted Platform Module (TPM) version 2.0
  • グラフィックカード:DirectX 12以降に互換性のあるWDDM 2.0 driver
  • ディスプレイ:対角9インチ以上かつ720p以上の解像度を持つ画面

関連記事
Microsoft、「Windows 11」 正式発表。デザイン大幅刷新、Xbox Game PassやTeamsが統合
Parallels Desktop、「Windows 11」 をMac上で実行できるよう開発が進行中

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。