Windows 11、Androidアプリが動作可能に

現地時間6月24日、米Microsoftは新オペレーションシステム 「Windows 11」 を正式に発表した。

同OSは現行の 「Windows 10」 と比べて、大幅なデザイン変更や各種サービスの統合などが行われる予定だが、さらにAndroidアプリが動作可能になることが案内されている。

Windows 11ではAndroidアプリが動作可能に

Microsoftによると、「Windows 11」 でAndroidアプリケーションが利用可能。アプリは、Amazonアプリストアを通じてインストールする方式で、発表内のデモではTikTokアプリが動作する様子が紹介されていた。

Androidアプリは他のWindowsアプリなどと画面分割状態で表示することもできるとのこと。

「Windows 11」 は2021年内に提供予定。「Windows 10」 搭載機からは無料でアップグレードすることが可能。Windows Insider Programには来週からプレビュー版が提供予定とのこと。

最小システム要件は以下の通り。自身が持つデバイスがアップグレード可能かどうかは、こちらのリンクからダウンロードできるチェックアプリで確認できる。

  • プロセッサ:1GHz以上で2コア以上の64ビットプロセッサもしくはシステムオンチップ(SoC)
  • RAM:4GB以上
  • ストレージ:64GB
  • システムファームウェア:UEFI, Secure Boot capable
  • TPM:Trusted Platform Module (TPM) version 2.0
  • グラフィックカード:DirectX 12以降に互換性のあるWDDM 2.0 driver
  • ディスプレイ:9インチ以上かつ720p以上の解像度を持つ画面

なお、年内に発売されるWindows PCにも順次 「Windows 11」 が搭載されるとのこと。

関連記事
Microsoft、「Windows 11」 正式発表。デザイン大幅刷新、Xbox Game PassやTeamsが統合

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。