iPhone同士をケーブルでつないでデータ転送が可能に?iOS 13 beta 3で新機能が発見される

将来的にiPhoneは、1本のケーブルを介してiPhone同士でデータ転送ができるようになるかもしれない。

本日未明に配信が開始された 「iOS 13 beta 3」 で未発表の新機能が見つかった。9to5Macが伝えている。

iPhone同士をケーブルに繋いでデータ転送できる機能が発見

今回見つかったのは、2台のiPhoneをケーブルにつなぐことで両デバイス間でデータ転送ができるというもの。「iOS 13 beta 3」 内にそれを示唆する記述や画像が見つかっていることから、iOS 13あるいはiOS 14以降に導入される可能性が高い。

この機能が役立つのは、おそらく新しいiPhoneを購入した時のセットアップ。これまでは、iTunesやiCloudなどを経由してiPhoneのバックアップを取得し、そのバックアップをもとに新しいiPhoneの再セットアップをする手順が必要だった。

しかし、このケーブルを介したデータ転送が利用できるようになれば、iPhoneはもっと簡単に、そして従来よりも高速に乗り換えできるようになるのかもしれない。また、Apple Storeなど店頭で購入したiPhoneに乗り換えるのも容易くなりそうだ。

デバイス間データ転送機能を説明する文章も発見

ただしお気付きの方も多いと思うが、この機能は現時点で使うことができない。その理由は現状ではiPhone同士を繋ぐケーブルは存在しないからだ。

iPhoneには、「iPhone 5」 の時代からLightningコネクタが搭載されているが、両端にLightningコネクタを搭載したケーブルは未だかつて販売されたことがない。

もし、今回発見された機能を利用するには両端にLightningコネクタを搭載したケーブルが販売される必要がある。あるいは、iPhone側にUSB Type-Cが搭載されるようになれば、この問題が解決されることになる。

これまでの情報では、次期iPhoneはLightningコネクタを引き続き搭載するとされている。つまり、AppleはLightning – Lightningケーブルを発売するつもりなのか。真相は今秋の新型iPhoneの発表イベントで明らかになりそうだ。

関連記事
「iOS 13 beta 3 (17A5522f)」 が開発者向けに配信開始
「iPhone 11」 のCAD画像が流出か

Apple MacBook Pro (13インチ, 2.3GHzデュアルコアi5プロセッサ, 256GB) - シルバー
Apple(アップル) (2017-06-06)
売り上げランキング: 17,483
Apple MacBook Air (13インチ, 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB) - シルバー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。