Withings、新型フィットネストラッカー 「Pulse HR」 発表 20日間のバッテリー持ちが自慢

11月14日、Withings は新型フィットネストラッカー 「Pulse HR」 を発表した。価格は129.95ドル、発売日は12月5日だ。

新型フィットネストラッカー 「Pulse HR」 は12月5日発売

「Pulse HR」は、同社のフィットネストラッカー 「Pulse」 シリーズの新型モデル。前モデルの 「Pulse O2」 は付属のリストバンドを使用せず、ポケットやカバンの中に入れたり、腰のベルトに装着して持ち歩くことができたが、 「Pulse HR」 はFitbitの 「Charge」 シリーズのように腕に巻きつけて使用することになる。

画面には有機ELディスプレイが採用されており、計測した運動量や心拍数などの情報を表示する。

スマートフォンとBluetooth接続することにより、通知などを表示するほか、位置情報をオンにすればウォーキングやランニングなどのアクティビティの距離・高度・ペースも計測することができる。最大50mの耐水性も備えているため、水泳などのアクティビティも計測可能だ。

また、睡眠トラッキングも可能で、眠りが浅いときに優しい振動で起こしてくれるアラーム機能も搭載されている。

さらに今回のモデルはバッテリー寿命がかなり長く、1回の充電で最大20日間使い続けることが可能。煩わしい充電の回数が格段に少なくなる。

「Pulse HR」 には3色のリストバンドが用意されている。カラーはブラック、シルバー、レッドで、いずれもシリコン製だ。価格は129.95ドルで、発売日は12月5日。米国ではすでに注文可能となっているが、日本ではまだ販売が開始されていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。