「WWDC 2018」の壁紙を机上で再現可能に デザイナーが3Dモデルキット販売中

Appleが毎年開催している開発者向けイベント「WWDC」、今年は2018年6月4日から開催される予定だ。

同イベントの招待状は各メディアやジャーナリストの元に届けられており、すでに公式画像も公開されている。そして、同画像を使った非公式壁紙が早くも有志のユーザーらの手によって制作・配布されているが、さらに自分の机の上に「WWDC 2018」の壁紙を再現できる3Dモデルキットが販売されているので、詳しく紹介したい。

世界に一つだけの「WWDC 2018」オリジナル壁紙が製作可能

今回公開された3Dモデルキットは、デザイナーMartin Hajek氏が作成したもの。Shapewaysで販売されているので、購入すれば誰でも自分の机の上に「WWDC 2018」の壁紙を再現することが可能だ。もちろん、自分で好きなように並び替えて、オリジナルの「WWDC 2018」のロゴを作ることもできる。

方法は以下の通り。

  1. Shapewaysで3Dモデルキットを購入する。価格は75.70ドル。届くまで最短で8日(当記事掲載時点、最大2週間)ほどかかるとのこと。
  2. 到着した3Dモデルキットは、プラモデルのようにランナーに一つにまとまっているので、ニッパーやハサミを使って切り取る。
  3. 背景のドットパターンを紙に印刷する。ダウンロードはGoogleドライブから、価格は無料。印刷する用紙の大きさはA4もしくはレターサイズ。
  4. フォームボードや頑丈な段ボールの上に、[2]と[3]を置く。これで完成。

同3Dモデルキットは、日本にも発送可能なようだ。出荷には26ドルかかるようなので、合計101.70ドル(約11,000円)で「WWDC 2018」のロゴを再現できる。

本日5月11日に注文すると、5月24日から5月28日の間には到着するとのこと。どうにか「WWDC 2018」の開催には間に合いそうだ。年に1度のビッグイベントを全力で楽しみたい方は、同キットを購入してみてはどうだろうか。

ちなみに、「WWDC 2018」で何が発表される予定かは明らかにされていない。事前の情報では、「iOS 12」や「macOS 10.14」「watchOS 5」「tvOS 12」などの次期OSが発表されることが予想されている。

また、次期「iPhone SE」「iPad Pro」などいくつかの新型ハードウェアの発表も予想されているが、これらの信ぴょう性については不明となっている。

[ via 9to5Mac ]

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。