iOS 14・iPadOS 14が正式発表。魅力の新機能をまとめてみた

現地時間6月22日、Appleは年次開発者会議 「WWDC20」 の基調講演をオンラインで実施。次期iOSこと 「iOS 14」 を正式発表した。また、同時にiPad向けOSの 「iPadOS 14」 も正式発表されている。

今回の発表で 「iOS 14」 そして 「iPadOS 14」 には、かなり大量の新機能が追加されることがわかった。当記事では 「iOS 14」 ならびに 「iPadOS 14」 の新機能をまとめてみた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

iOS 14

① 「Appライブラリ」

iOS 14はホーム画面の刷新が行われた。ホーム画面の基本的なUIは変わらないが、新たに 「Appライブラリ」 という機能が追加され、普段使わないようなアプリをページごと非表示にすることが可能に。

非表示にしたアプリはすべて自動的に整理されるようになっており、さらに 「Appライブラリ」 の左上にはオススメのアプリを提示するエリアも創設されるという。

②ウィジェットの刷新& 「今日のウィジェット」

ホーム画面と同様に、ウィジェットに関する大幅な刷新も行われる。

これまでウィジェットはホーム画面の左から利用することができたが、「iOS 14」 の場合はウィジェットをホーム画面に挿入することが可能になる。同機能のおかげで、画一的にアプリが並べられていた今までのホーム画面から大幅に見た目が変わることになる。

朝のニュースや天気情報もホーム画面上部に表示することで、より情報にアクセスしやすくなる。ウィジェットの大きさや配置場所についてはユーザーの好きなように決められる仕様だ。

③ピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)

iPadで利用できるピクチャー・イン・ピクチャー機能がついにiPhoneでも利用可能に。ピクチャー・イン・ピクチャー(PinP)は視聴している動画を画面のどこかに常時表示させた状態で他の作業ができる機能。

ピクチャー・イン・ピクチャーの画面は、iPhoneの画面の好きな場所に配置することが可能だ。

④SiriのUIが大幅改良

画面下部にSiriのアイコンが表示

iOSがアップデートされるごとに進化してきたAppleの音声アシスタント機能 「Siri」 が、今秋リリース予定の 「iOS 14」 でさらに便利に。

「iOS 14」 のSiriはNeural Engineによって音声入力精度が向上する。ユーザーの声を正しく聞いて、それにより正確に応えることができるようになる。

またUIも大幅に改良される。これまでSiriを起動するときは一度Siriの画面をフルスクリーンで表示する必要があったが、「iOS 14」 ではホーム画面下部にSiriが表示される形式となる。それまでの作業を中断されることがない。

⑤翻訳機能

「iOS 14」 には言語の翻訳機能が搭載される。Siriの音声認識技術を利用してユーザーの声を聞き取り、それを別の言語に翻訳することが可能だ。言語が異なるユーザー同士のコミュニケーションをサポートすることができるように。

翻訳機能は翻訳アプリを利用する。マイクのボタンを押すことでディクテーションがはじまり、収録した音を11言語で翻訳することができる。

対応言語は英語や中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、日本語、韓国語、アラビア語、ポルトガル語、ロシア語。

翻訳はオンラインだけでなく、オフラインでも利用可能。海外で安易にネットワークに繋げない時でも便利に使えるだろう。

⑥メッセージアプリの改良

メッセージアプリは、大事な相手との会話をピンで固定することができるように。グループメッセージの際は、自身へのメンションのみを通知することも可能だ。

さらにインライン返信機能やメンション機能などメッセージを使いやすくする機能も多数追加される。

さらにミー文字は年齢やさらなる髪型を付与することが可能だ。昨今の新型コロナウイルスの状況を考慮し、マスクパーツも用意される。

⑦マップアプリでサイクリングのルート検索が可能に

マップ機能が 「iOS 14」 で大幅な強化。正確で詳細な次世代マップがイギリス・アイルランド、カナダで利用可能に。

ルート検索について、これまでは公共交通機関や徒歩、車でのルート検索に対応していたが、iOS 14からはサイクリングのルート検索にも対応する。移動時間や距離、高低差などの情報を確認することができ、自転車専用通路や小道などで構成されたルートを選ぶことができるようになる。

また、電気自動車のルート検索にも対応。充電エリアの表示や最新の交通情報規制などの表示が可能になる。

⑧CarKey機能

iPhoneがついに車の鍵の代わりに。 「iOS 13」 以降でCarKeyという機能が実装される予定で、iPhoneを使って車の鍵をかけたり、解除したりすることが可能だ。

同機能はBMW 5シリーズから利用することが可能。リリース以降、順次対応車は増える予定となっている。

車の鍵はiMessageを使って他デバイスや他のユーザーに共有することも可能。鍵を紛失してしまった場合は、iCloudによって消去することも可能だという。

また、CarPlayでは壁紙機能が利用できるようになることもアナウンスされている。

⑨背面タップによるショートカット機能

[ img via MacRumors ]

障がいを持つ人もiPhoneを便利に使えるようにする 「アクセシビリティ」 機能に新機能 「背面タップ」 。この機能は、iPhoneの背面をトントンと指で叩くことで、特定のアクションを動作させられるというもの。

背面タップはダブルタップとトリプルタップの2種類が用意されており、それぞれにアクションを割り当てることができる。

利用できる機能は、Appスイッチャー、Siri、Spotlight、アクセシビリティショートカット、コントロールセンター、シェイク、スクリーンショット、ホーム、音量調整、画面ロック、簡易アクセス、消音、通知センターなど。

そのほか自身で作成したショートカットも起動できるため、たとえば部屋の照明をオン・オフできるショートカットがあれば、iPhoneの背面をダブルタップするだけで部屋を明るくしたり、暗くしたりすることができる。

⑩ 「App Clip」

iOS 14では、アプリをフルインストールせずとも一部機能だけをダウンロードして料金の支払いなどができる 「App Clip」 機能が実装される。

同機能はAppleが設計したApp Clip用のコードをスキャンしたり、NFCタグやQRコードの読み込みによって画面下からカードが出現し、製品の購入や料金の支払いを即座に済ませることができる。また、メッセージアプリやSafariでシェアすることでも利用可能だ。

App Clipの利用履歴はAppライブラリから確認でき、もし気に入ったアプリがあれば後からフルインストールすることも可能だ。

iPadOS 14

①検索機能が強化

iPhoneに続いて、iPadOSも強力に進化する。

まずは検索機能について。「iPadOS 14」 ではアプリの検索やウェブの検索のみならず、連絡先の検索やアプリ内検索など全てを一括で検索できるようになる。アプリ起動時においても検索バーを表示することが可能だ。

②各種純正アプリのUIが刷新

iPadOS 14では、各種純正アプリがiPadの画面の大きさを生かしたUIに刷新されている。

例えばサイドバーやツールバーなどのアプリコントロールが特定の場所に凝縮されることで、より効率よくアプリを使えるようになった。

また、iPadに通話が来たとき、従来までの通話アプリはiPadの画面全体を覆ってしまうために作業が一時的に中断されてしまうこともあったが、iPadOS 14では画面上部に通知のように表示されるだけになるため、電話を切るにしても集中を切らすことがなくなる。

③手書き文字を認識可能に

iPadOS 14には、Apple Pencilを使って書いた手書き文字を文字として正しく認識し、テキストに変換する 「Scribble」 機能が登場する。

書いた文字はコピー&ペーストが可能。手書きの電話番号を検出し、そのまま通話することも可能だ。文字だけでなく図形や線なども認識し、手書きの歪んだ図形や線を綺麗に変換してくれる。

検索バーに手書きで文字を入力しても、正しくテキストとして認識し自動で変換・検索が可能だ。

「Scribble」 機能は初めは英語、繁体字中国語と簡体字中国語のみをサポートする。もし英語と中国語を混ぜて書いても、わざわざ言語を切り替えることなく一緒に書くことができる。


「iOS 14」 「iPadOS 14」 がサポートする端末は 「iOS 13」 「iPadOS 13」 がサポートしていた端末と同じ

具体的には 「iOS 14」 はiPhone 6s・iPhone SE(第1世代)以降とiPad touch(第7世代)をサポート、「iPadOS 14」 はiPad Air 2・iPad mini 4・iPad(第5世代)以降と全iPad Proをサポートすることになる。

iOS 14 / iPadOS 14 対応端末
iPhone iPad iPod touch 
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS / XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第1世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第3世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
  • 11インチiPad Pro(第1世代)
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air 2
  • iPad(第7世代)
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini 4
  • iPod touch(第7世代)

iOS 14とiPadOS 14はどちらも今秋リリース予定。本日から開発者向けにデベロッパープレビューが公開されているほか、7月にはパブリックベータ版も公開される予定だ。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。