「WWDC20」 基調講演のライブ配信先まとめ 6月23日午前2時スタート(日本語翻訳中継あり)

Appleの開発者向けイベント 「WWDC20」 が、いよいよ日本時間6月23日(火)午前2時からスタートとなる。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を考慮して、初の完全オンライン開催となった今年のWWDC。オープニングを飾るのは次期OSや新型ハードウェアなどが発表される基調講演だが、今年は新型ハードウェアの発表はなくソフトウェア関連の発表が中心になる可能性が高いと噂されている。

同基調講演はApple公式サイトYouTubeなどでライブ配信が行われることがアナウンスされており、誰でも自由に視聴できる。また、ライブブログなどを実施するメディアもいくつかあるようだ。

というわけで当記事では 「WWDC20」 基調講演の配信先をまとめてみた。今晩の基調講演直前になって慌てないためにも、各配信先を事前にチェックしておいていただきたい。

映像配信・ライブブログ中継先まとめ

  配信先 (随時追記予定)
公式映像配信
日本語同時翻訳
ライブブログ(英語)

————————-

(ライブブログ実施が未発表のメディア)

Apple公式の配信先

まずはApple公式の配信について。今年は完全オンラインでの開催ということで、ほとんどのユーザーが公式配信を視聴することが予想される。配信はApple公式サイトYouTubeApple Developerアプリ、TVアプリから視聴することができる。

ただし、これらの配信先の音声言語は英語だけになっており、日本語での視聴はできないので注意が必要。Apple公式サイトでの視聴環境は以下のとおりだ。

視聴できる端末 対応OS ブラウザ・アプリ
iPhone, iPad, iPod touch 「iOS 10」 以降 Safari
Mac 「macOS Sierra 10.12」 以降 Safari
Apple TV 最新Apple TVソフトウェアまたはtvOSが動作するApple TV (第2世代以降) 「Apple Event」 アプリ
またはAirPlay
Windows PC  Windows 10 以降 Microsoft Edge
他ブラウザ MSE, H.264, AACが動作 Chrome / Firefox

YouTubeで視聴する場合は以下から。

ちなみに、Appleは昨年の新型iPhone発表イベントの時と同じように、Twitter公式アカウントで 「WWDC20」 のPRも実施している。以下のツイートを 「いいね」 することで基調講演前に通知が届き、そこからライブ映像を視聴できるようになっている。イベントを見逃したくない方はぜひいいねしておこう。

日本語での配信先

Apple公式の配信は全て英語音声のみとなっているが、これを日本語で聞くことができる便利な生放送がある。macwebcaster.comの同時通訳中継だ。

2つのウィンドウを用意した上で、片方でApple公式の配信を再生、もう片方のウィンドウでmacwebcaster.comの同時通訳中継を再生することで、ほぼリアルタイムで日本語で内容を確認することができる。

放送はYouTubeニコニコ生放送Xbox mixerで実施される予定。人間による同時通訳のほかAIを活用した機械翻訳も導入されているため、英語に自信がない方はこちらの放送を利用するといいかもしれない。放送開始は日本時間6月23日(火)午前1時20分頃から。

ライブブログ

最後は 「ライブブログ」 形式で中継を行うメディアについて。ライブブログはテキストや写真で会場の様子や発表内容を伝えるもので、主に海外メディアを中心に行われている。当記事掲出時点ではArsTechnica、米CNETがライブブログの実施を発表している。

また、MacRumorsはイベント内容をTwitterでリアルタイムツイートすることを発表している。こちらで内容を確認したい方はMacRumorsLive (@macrumorslive)をフォローしておこう。通知もオンにしておけばなお良しだ。

ちなみに、国内メディアでライブブログを実施するメディアは今年はないようだ。

「WWDC20」 で発表が期待されるモノ

「WWDC 20」 で何が発表されるのかはほとんど明らかになっていないが、これまでAppleが過去に発表してきたものから我々は何が発表されるかを予想することができる。

もし例年どおりであれば、Appleは次期OSの 「iOS 14」 「macOS 10.16」 「watchOS 7」 「tvOS 14」 を発表するだろう。新型コロナウイルス感染症の影響でこれらの開発が遅れている可能性はあるものの、開発者向けイベントということもあり今後実装予定の機能について明らかにされる可能性が高い。HomePodなどのアクセサリ製品のアップデートに関する発表も、いくつか用意されていることが予想される。

また、今年の最大の注目はMacのARMベースプロセッサの導入について。これまでIntelのプロセッサを搭載してきたMacだが、様々な問題を解消するためAppleは自社開発のプロセッサを搭載しようとしている可能性がある。今回はその計画の発表が行われる可能性が高い。

また、同時に新型iMacなどの発表が用意されている可能性があるが、直前にリーカーたちからもたらされた情報からAppleは新製品を発売しない可能性が出てきた。今年はノーハードウェア、つまりソフトウェアだけの発表に留まる可能性がありそうだ。

これらはすべて今晩のWWDC基調講演で明らかになる。基調講演は2020年6月22日午前10時 (日本時間では6月23日午前2時) にスタートする予定だ。Appleの次期OS、新製品に関する発表に興味がある方はぜひ視聴いただきたい。

関連記事
WWDC20の基調講演は日本時間6月23日(火)午前2時から開催
やはりWWDC20で新ハードウェアは発表されない模様。複数リーカーが言及

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。