「tvOS 14」 が正式発表。4K映像のAirPlayに対応へ

現地時間6月22日、Appleは初の完全オンライン開催となった年次開発者会議 「WWDC20」 の基調講演で、次期tvOSこと 「tvOS 14」 を正式発表した。

今回の発表で 「tvOS 14」 には、いくつかの新機能が追加されることが明らかにされた。この記事では、「tvOS 14」 の新機能をまとめた。今秋の正式リリースまでの予習にぜひ活用していただきたい。

4K映像のAirPlayに対応へ

tvOS 14の新機能は以下。主な新機能として、YouTubeの4K動画の再生をネイティブサポートしたこと、そしてiPhoneなどで撮影した4K動画をAirPlayでApple TVで視聴できるようになっている。

さらにピクチャ・イン・ピクチャー機能に対応したことで、動画をみながらApple TVを操作することが可能になっている。Appleは例えばフィットネスアプリでエクササイズをしながら、何らかの動画を視聴するなどといった使い方を紹介していた。

tvOS 14の新機能一覧

  • YouTubeの4K解像度をサポート
  • 4K解像度でAirPlay可能に
  • ピクチャ・イン・ピクチャー
  • Xboxのコントローラー(Xbox Elite 2 / Xbox Adaptive Controller)をサポート
  • 2台のAirPodsへのマルチオーディオ再生をサポート

さらにユーザーのパーソナライズ機能がさらに進化しており、複数のユーザーで単一のゲームをプレイできるなどの新機能が追加されている。また、ゲーム関係ではXboxコントローラー (Xbox Elite 2 / Xbox Adaptive Controller) のサポートが追加されている。

「tvOS 14」 は2020年秋に正式リリース予定。本日より開発者向けにベータ版が提供されており、来月にはパブリックベータ版の提供が予定されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。