Apple、「WWDC 2016」の基調講演が視聴できるストリーミング配信ページを公開 6月14日午前2時から開催

wwdc2016live

本日、Appleは今月13日から開催するWWDC 2016」のライブストリーミング配信ページを公開した。

今回公開されたページでは、米カリフォルニア州のBill Graham Civic Auditoriumで開催される、AppleのKeynote(基調講演)をライブで視聴することができる。

AppleのKeynoteは2016年6月13日(月)午前10時(日本時間14日(火)午前2時)から開催される予定で、当日は次期OSの「iOS 10」や「OS X 10.12」などが発表される予定。その他にも「Siri SDK」などのデベロッパー向けの内容がほとんどと予想され、新型ハードウェアの発表はされないものとみられているが、もしかすると何かしら面白い発表がされる可能性もなきにしもあらず。

siri

このストリーミング配信ページが公開されると、いよいよ「WWDC 2016」が近づいてきていることを実感するわけだが、当日は平日の深夜遅くだ。次の日は仕事や学校の人も多いと思うので、見れる人は限られてくるとは思うが、もしAppleの発表に興味がある人は是非同ライブ映像で会場の様子を見ていただけたらと思う。

ライブストリーミング配信は、「OS X 10.8.5」以降のOSを搭載したMacの「Safari」や、「iOS 7」以降のiOS端末、そして「Windows 10」に搭載されているブラウザ「Edge」で視聴することが可能だ。

また、「Apple TV」に関しては、「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代または第3世代のモデルか、第4世代であれば視聴することができる。

また、今回は「iOS」版や「Apple TV」版の「WWDC」公式アプリが配布されており、そちらで視聴することもできるので、自身の環境にあったもので視聴するようにしよう。

ライブストリーミング配信ページはこちらから

wwdc2016live
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう