【WWDC 2016】AppleのKeynoteで期待されていることまとめ 次期「iOS」や「macOS」など

WWDC2016-mac

来週月曜から、Appleは開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」を開催し、様々なAppleの新サービスを発表するものとみられている。

同イベントは1年に1度の開催ということもあり、僕を含め多くのユーザーが期待していると思うのだが、今回のWWDCでは一体何が発表されるのだろうか。

「WWDC」に関しては、例年であれば直前まで発表内容が明かされないのだが、最近は発表前からいくらか情報が漏れ伝えられており、ある程度発表される内容が分かるようになっている。

今回も事前に噂や憶測が数多く登場しているので、有力な情報をまとめてみた。一体どんなものが発表されるのか、参考にしてほしい。

「iOS 10」でダークモードが搭載か

今回の「WWDC 2016」で発表される可能性が一番濃厚なのは、次期「iOS」の「iOS 10」と次期「OS X」の「macOS」だ。

ios-10-concept-031

iOS 10」については、今のところ大きな変更点があるとは聞いていないが、おそらくは「iOS 9」のデザインを踏襲したものになるとみられ、今ある機能をより使いやすく、分かりやすいUIに変更されるものと思われる。

追加される新機能としては、「OS X」ですでに導入されている「ダークモード」という黒を基調にしたUIが登場する可能性が指摘されている背景が黒になる「ダークモード」が搭載されることで、多くのアプリが同モードへの対応を迫られると思われるが、もしiPhoneのUIが黒に置き換わったらかなりクールなものになりそうだ。

ios-10-concept-034

また、その他にもマルチタスク系の機能として「画面分割」機能が搭載されるかもしれない。これは「Android」ですでに導入されている機能になるが、画面を上下、もしくは左右に分割することで複数のアプリを並べて使うことができる。

ブラウジングしながらメッセージを作ったり、TwitterをしながらYouTubeを見たりなど、iPhoneがより効率良く使えるようになりそうだ。

iossplitviewforios101

また、9to5Macによると、新しい「3D Touch」ジェスチャーが用意されたり、メッセージアプリなどで電子送金機能が追加、Appleの独自決済サービス「Apple Pay」がブラウザ内でも使用できるようになるなど多くの噂があるが、これについての真偽は今のところ分かっていない。

Macの新OS「macOS」が発表へ

次期「OS X」については、ほとんどと言って情報が出ていないに等しい。例年通りであれば、おそらく多くの機能が追加・変更されるものと思われるが、事前予想はほとんどない。

ただ、もしかすると次期「OS X」は写真アプリが改善されるかもしれない。噂によると、プロ仕様の写真加工アプリに変貌するとも言われているが、果たして。

そして、一番気になるのは次期「OS X」の名称。割と最近までは次期「OS X」は「OS X 10.12(コードネームは「Fuji」?)」になると思われていたのだが、先日からの噂によると「macOS」に変更される可能性が極めて高い。

これは、Appleのデベロッパー向けページや、「OS X」の最新バージョンの記述内からも同様の名称が見つかっていることから噂されていることだが、その前後の記述には「iOS」や「watchOS」などのOSの正式名称が記載されていたことからほぼ間違いないと言えるだろう。

「Siri」の大幅強化とデベロッパー向けに「Siri SDK」が開放か

毎年「iOS」がアップデートされるごとに性能が強化されてきた音声アシスタント機能「Siri」だが、今年も大幅に強化されることになりそうだ。

sirionmac[ img via 9to5Mac ]

Appleが以前買収した企業の中に、音声アシスタントの能力を向上させる技術を持つ企業があり、この技術を応用することで「Siri」がよりユニークに、そしてウィットに富んだ受け答えができるようになることが期待されている。

また、「Siri」に関してはこれだけでなく、デベロッパー向けに「Siri SDK」が配布されることになるようだ。これでデベロッパーは「Siri」に関しても開発をすることができることが想定されるので、アプリ内で「Siri」を活用することができるようになるかもしれない。

「Apple Music」のUIも変更へ

今回のWWDCで発表されるかどうかについては定かではないが、「Apple Music」が近いうちにメジャーアップデートを予定しているようだ。しかも今までの分かりづらいUIから大きく変更され、新規のユーザーでも使いやすいようになるとのこと。

applemusic

UIの色も白から黒に変更されるなど、「iOS 10」のダークモードを意識するとみられ、よりカッコいいサービスへと生まれ変わる可能性がある。

また、有料ユーザーでさえもほとんど使う機会が少なかった「Connect」機能が廃止され、「For You」に統合されるというのが濃厚。「For You」に統合されたからといって使われるかどうかは分からないが。

新型「MacBook Pro」や「MacBook Air」が発表に 一部モデルでは有機ELタッチバーが搭載か

今年のWWDCは「ソフトウェアの年」と言われているように、発表内容はほとんどソフトウェア中心になると思われるのだが、もしかしたら新型ハードウェアがいくつか発表されるかもしれない。

もし新型ハードが発表されるなら、おそらくそれは「MacBook Pro」と「MacBook Air」だろう。なぜなら同端末については、先日から複数のリーク情報が登場し、活気を帯びているからだ。

MacBook Pro Touch bar

特に「MacBook Pro」に関してはファンクションキーの部分が有機ELディスプレイ式のタッチバーに置き換えられていたりイヤフォンジャック以外の端子類がすべて「USB-C」ポートに置き換えられるなど様々なアップデートが行われるとされている。

【関連】有機ELタッチバーが搭載された「MacBook Pro」の高解像度レンダリング画像が公開

MacBook Pro Touch bar

しばらくアップデートが行われていない両製品は、そろそろ新製品が投入されてもおかしくない時期に突入している。もし今回のWWDCで発表されないとなると、次のタイミングは次期「iPhone」の「iPhone 7」との同時発表になってしまうので、少しインパクトに欠けてしまうだろう。

ちなみに、個人的には新型「Apple Watch」にも期待しているのだが、事前の情報量の少なさから発表はまだ先になると思われる。

「One More Thing」は新型「MacBook Pro」?それとも「Siri」搭載ホームスピーカー?

上記の他にも次期「watchOS」&「tvOS」の発表も想定されているが、これらに関してはほとんど事前情報はないと言っていい。そのため、発表されるかどうかについては全くと言っていいほど分からない。

だが、これらは昨年秋にメジャーアップデートが行われていて、まだ1年を経過していないことから、僕個人としては次のアップデートはまだ先になるのではないかと思っている。

one more thing2

そして、Appleの発表会と聞くと頭に浮かぶのが「One more thing(最後にもう一つ)」。これは発表会の最後に、一番大きい発表を持ってきて参加者を驚かす、いわばAppleからのサプライズのようなもの。

多くの新製品を発表してきた「One more thing」だが、最後に行われたのは昨年の「WWDC 2015」で、当時は新サービス「Apple Music」が発表された。それ以来「One more thing」を聞いていないので、今回の「WWDC 2016」では約1年ぶりの「One more thing」が聞けるかもしれない。

one more thing1

もし発表されるなら何だろうか。先述した新型「MacBook Pro」かもしれないし、先日噂になった「Siri」搭載のホームスピーカーかもしれない。

結局のところ発表されるまですべてが分からないわけだが、事前情報をまとめると大体こんな感じ。これら全部が発表されたらおそらく会場は大興奮の渦なのだろうが、さすがに2時間前後で発表するには時間が足りなさそうだ。

当日の発表はインターネットで視聴しよう

ちなみに今回の発表イベントは米カリフォルニア州のBill Graham Civic Auditoriumで開催され、インターネット上でも視聴ができる。Keynoteは日本時間2016年6月14日(火)午前2時から開始される予定で、当日の配信はこちらで行われる予定。

siri-wwdc2016

視聴環境は、「OS X 10.8.5」以降のOSを搭載したMacの「Safari」や、「iOS 7」以降のiOS端末、そして「Windows 10」に搭載されているブラウザ「Edge」で視聴することが可能だ。

また、「Apple TV」に関しては、「ソフトウェア6.2」以上が動作する第2世代または第3世代のモデルか、第4世代であれば視聴することができる。

今回は「iOS」版や「Apple TV」版の「WWDC」公式アプリが配布されており、そちらで視聴することもできるので、自身の環境にあったもので視聴するようにしよう。

one more thing2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう