Apple、「WWDC 2018」開催を正式発表 2018年6月4日から6月8日の5日間

現地時間3月13日、Appleは毎年開催している開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を2018年も開催することを正式に発表した。同イベントは、現地時間6月4日から8日までの5日間で開催される予定だ。

「WWDC 2018」の開催地は昨年と同様、米カリフォルニア州San Joseにある「McEnery Convention Center」。Appleの新本社の近くだ。

参加チケットの申し込みは抽選制となっており、現地時間3月22日午前10時まで販売される予定。チケットの価格は1,599ドルとなっている。

「WWDC 2018」は、例年通りであれば次期OS(おそらくiOS 12やmacOS 10.14、watchOS 5など)が発表されるとみられるが、昨年開催された「WWDC 2017」では、「iOS 11」「macOS 10.13」「watch OS 4」「tvOS 11」の他に、多数の新製品が発表されたことから、今年も何かしらの新製品の発表が行われる可能性がある。

例年、同イベントはインターネットで配信が行われており、「iPhone」「iPad」または「Apple TV」の「WWDC」アプリから、あるいは公式サイトから視聴することが可能。今年も同様に視聴することができるものと予想される。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。